浮気調査
浮気調査の費用を相手に請求することは可能か?実際のケースや条件

浮気調査の費用は相手に請求できるのか?

浮気調査の費用を相手に請求することは可能か?実際のケースや条件

浮気調査の費用は相手に請求できるのか」「浮気調査の費用を相手に請求するにはどうすればいいのか」について知りたいとお考えではありませんか?

浮気の証拠を掴むために探偵事務所や興信所に依頼すると、通常数十万円の調査費用がかかります。決して安い金額ではありませんし、パートナーの浮気がなければ本来かからなかった費用だからこそ、パートナーや浮気相手に請求したいと思う方は多いでしょう。

しかし、浮気調査の費用を相手に請求できるかどうかは「場合による」としかお答えできません。では、どのようなケースであれば相手に請求できるのか探偵への依頼前に知っておきたいですよね。

そこで本記事では、浮気調査費用を請求するために満たすべき条件や実際の事例について解説します。早速読み進めていきましょう。

浮気調査の費用を慰謝料として相手に請求することはできる?

探偵に支払った浮気調査の費用は、損害賠償としてパートナーや浮気相手に請求することが可能です。ただし、裁判で損害賠償として認められるかはケースによって異なります

損害賠償とは、相手の不法行為によって損害を受けたときに、その損害について補償をするために請求できるお金です。つまり、浮気問題における不法行為にあたる「不貞」と、損害にあたる「浮気調査費用の支払い」に因果関係があれば、損害賠償として認められるといえます。

また、因果関係があると認められたとしても必ず浮気調査費用の全額を相手に請求できるとは限りません。浮気調査費用の一部のみが損賠賠償として認められるケースもよくあります。

具体的に浮気調査費用の請求が認められるためにはどのような条件が必要なのか、次で詳しく解説していきます。

裁判で請求が認められるために必要な条件を解説

裁判で浮気調査費用の請求が認められるかどうかは、「必要性」と「相当性」の2つがキーポイントになります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

探偵の浮気調査の必要性

不貞の事実を証明するために探偵による調査の必要性が高かったと裁判で判断されれば、浮気調査費用の請求も認められやすい傾向にあります。

具体的には以下のようなケースです。

  • パートナーや浮気相手が浮気の事実を否定していた
  • 自分では調査できない理由があった(単身赴任中、子育て中など)
  • 探偵による調査で初めて浮気の事実が明らかになった
  • 探偵の調査結果が重要な証拠になった

不貞行為の事実証明に探偵の調査が大きく寄与していれば、損害賠償請求ができる可能性が高いと考えて良いでしょう。

逆に、以下のように浮気調査の必要性が低い場合には損害賠償としては認められない可能性があります。

  • 浮気調査を行う前から浮気の事実が明らかだった
  • パートナーが不貞行為を認めている
  • 探偵に調査して手に入れた証拠が決定打にはなっていない

例えば、すでにパートナーのスマホから浮気の決定的な証拠が見つかっていたが、詳しく調査するために探偵に依頼したケースなどが挙げられます。

また、すでにパートナーが浮気を認めていて、裁判の争点が「婚姻関係が破たんしていたか」になっている場合も同様です。不貞行為の証明をするために探偵費用が必要であったとはいえないため、損害賠償請求は認められません。

探偵の浮気調査費用が相当であったか

損害賠償として認められた場合でも、その請求金額は裁判所が相当であるとした額に限られます。

調査費用が相当であるかというのは、つまりその探偵が行った調査内容とそれに対する調査費用が釣り合っているかという点が問題になります。例えば、探偵の調査が不必要に長引き高額な費用がかかった場合は、一部の費用しか認められないことになります。

実際の判例を見ると、全額の請求が認められたケースはあまり多くないようです。例えば、浮気調査費用が50万円かかったケースの場合、実際に請求できるのは10万円ほどと考えておくと良いでしょう。

実際に浮気調査の費用を相手に請求できたケース(判例)

ここまでは浮気調査の費用を相手に請求するための条件について解説してきましたが、実際にはどのようなケースでいくら請求できたのか知りたい方も多いでしょう。ここでは、実際にあった裁判の判例をいくつか見ていきましょう。

<東京地裁令和3年2月24日判決>

概要:配偶者が不貞行為を素直に認めるか不安があることから、探偵業者に依頼をしたケース。不貞行為の事実を明らかにするためにはやむを得ない状況であったとして、探偵業者へ支払った費用の一部を因果関係ある損害と認定した。

請求額:調査費用46万4458円のうち10万円

<東京地裁令和2年12月17日判決>

概要:浮気調査の結果不貞行為の事実が確認できたことから、因果関係のある損害と認定。さらに調査期間も短期間に限られており、費用も相当であるとして、探偵業者へ支払った費用の全額について請求を認容した。

損害賠償額:調査費用27万1101円全額

<東京地裁令和2年12月9日判決>

概要:調査開始前にすでに携帯電話内の情報より不貞行為の事実が明確になっていたケース。探偵業者に支払った調査費用のうち一部を相当因果関係ある損害と認定した。

損害賠償額:調査費用78万1101円のうち10万円

これらの判例から、やはり浮気調査にかかった費用が損害賠償として認められたとしても全額を請求できることはほとんどないことがお分かりいただけたでしょうか。全額が請求できたケースでは、調査費用が27万円と低額であったことが理由として考えられます。

しかし、「浮気調査費用を相手に負担してもらえないのはやっぱり腑に落ちない」と思う方も多いはず。そこで、次からは全額を請求するための方法について解説します。

全額請求するためにできることは?

浮気調査費用を相手に全額請求したいという場合は、「示談交渉」を行うという手があります。

示談交渉

示談交渉とは、裁判以外の場で当事者同士が話し合いをして解決することです。自分で対面や電話で話し合うほか、弁護士に依頼をして代理で話し合いをしてもらうといった方法があります。

裁判の場合は請求できる慰謝料や損害賠償が相場を元に決められてしまいますが、示談交渉の場合はお互いに合意さえすれば高額な慰謝料や損害賠償を請求できるというメリットがあります。

ただし、示談交渉は全額請求できる可能性がある一方でさまざまなデメリットがあります。

  • パートナーや浮気相手が浮気を認めない可能性がある
  • お互いに感情的になり話し合いが進まない可能性がある
  • 交渉は自分で行うか弁護士に依頼しなければならない
  • 慰謝料や賠償金を踏み倒される可能性がある

示談交渉は当事者同士の任意の話し合いのため、話をはぐらかされたり、交渉が上手くいかなかったりすることがあります。また、お互いの合意が必要になるため思い通りの慰謝料や浮気調査の費用が必ず請求できるというわけではありません。

それでも、浮気調査の費用や慰謝料を示談交渉で請求したいという場合は、入念な準備が必要です。相手が浮気を認めざるを得ない決定的な証拠を掴んでいれば、言い逃れをするのも難しく、話し合いを有利に進めることができるでしょう。

探偵が掴む決定的な証拠があってこそ!

「浮気調査の費用が心配」「浮気調査の費用を負担したくない」と考えている人こそ、まずは浮気の決定的な証拠を掴むことをおすすめします。

そもそも浮気の証拠がなければ相手に浮気を認めさせることも、慰謝料請求もできません。浮気をしていないとはぐらかされ、こちらが泣き寝入りすることにもなりかねないでしょう。

プロである探偵に浮気調査を依頼すれば、言い逃れされることのない決定的な証拠を掴むことができます。

示談交渉が上手くいかなかった場合は裁判になりますが、不貞行為の明らかな証拠があれば裁判も有利に進められます。高額な慰謝料請求ができれば、結果として浮気調査にかかった費用も回収できるため心配する必要はありません。

探偵の浮気調査の費用相場は10万円~100万円ほどと幅広く、状況によって大きく変わってきます。詳しい費用について知りたい方は、まず見積もりを取るのがおすすめです。

まとめ

今回は、浮気調査の費用を相手に請求できるのかという疑問についてお答えしてきました。浮気調査が不貞行為の立証に必要であった場合、費用を相手に請求できるケースがあります。ただし、必ず全額を請求できるとは限りません。

信頼できる探偵に浮気調査を依頼し、決定的な証拠を掴むことができれば、慰謝料や損害賠償請求も有利に進められ、高額な請求ができる可能性が高まります。まずは浮気の証拠を掴むために動き出しましょう。

浮気調査の内容や費用について詳しく知りたい方は、まず探偵の無料相談を利用してみてください。

まずはお気軽に
無料相談をご利用下さい。

探偵社FUJIリサーチでは、人探し、行方調査、浮気・不倫調査、結婚詐欺調査などを承っております。

テレビ番組等への調査協力など、メディアからも信頼をいただいている独自の調査ノウハウで、皆さまのお悩み解決をサポート致します。

  • 家族が家出した。急いで居場所を探したい
  • 40年前の恩師を探してお礼を言いたい
  • 恋人が浮気をしているかも。証拠を集めたい
  • 配偶者が不倫している。離婚裁判で有利になる資料を集めたい
  • 婚約者に金銭を要求される。結婚詐欺かも?

こんなお悩みを抱えている方は、お気軽に匿名無料相談をご利用下さい。最適な調査プランのご提案、料金のお見積りを無料でご対応致します。

24時間365日、いつでも無料でご利用いただけます。

関連記事