人探し・行方・所在調査
探偵事務所・興信所では人探しをどうやって行う?調査方法を解説

人探しを行う方法とは?探偵はどうやって調査するのか徹底解説

初恋の相手や思い出の人など、過去に会った人物に会いたくなることは誰にでもあるでしょう。しかし、相手の現在の連絡先や住所などの情報を知らなければ、会うのは難しいです。

そう分かっていながらもこの記事を読んでいる人の中には、「どうしても人探しをしたい」と考える人もいるでしょう。

そこで今回は、人探しのプロである探偵がどうやって人探しを成功させているのかを詳しく説明します自分で人探しをする方法などの情報もまとめてチェックしていきましょう。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • 探偵がどうやって人探しをするのか気になる人
  • 探したい人の名前が分からなくても調査依頼できるのか知りたい人
  • 自分で人探しをする方法が分からない人

探偵事務所・興信所が行う人探し・所在調査とは

探偵事務所・興信所の人探しにおける所在調査とは、調査対象者がいる場所を探すことです。たとえば、配偶者の浮気相手の住所や会社を調べたり、家出・失踪した家族の居場所を探したりすることが所在調査に該当します

探偵事務所や興信所は独自の情報網を持っており、探したい人の名前や生年月日、勤務先などの情報から現在の住所などを導き出せるのです。

どうやって所在調査を行うかは、利用する探偵事務所によって異なります。いろいろな調査方法がありますが、代表的な所在調査のやり方は以下の通りです。

  • 業務用会員制データベースを利用した調査方法
  • オープンソースを元にした調査方法
  • 第三者による開示請求を使った調査方法
  • 秘密情報ソースを照会する調査方法
  • 偽装工作取材による調査方法

どうやって見つける?プロの探偵が行う調査方法

人探しのプロである探偵は、どうやって調査対象者を発見して依頼を成功させるのでしょうか。

この章では、どうやって探偵が調査を進めているのかを一般的な流れに沿って説明します。

探偵はどうやって人探しをするのか:手順①人探しの対象者の私物をチェックする

人探しの依頼を受けた探偵は、まず、調査対象者の私物を確認します。探偵の目にかかれば、人探しの対象者の自宅から何が持ち出されているかで意図的な家出なのか、そうでないかを判断できるのです。

たとえば、印鑑や通帳、下着など生活に必要なものがごっそり無くなっている場合は、意図的な家出と判断します。逆に、人探しの対象者が自宅から何も持っていない場合は、犯罪に巻き込まれた可能性があると推測できるのです。

事件性があるときは、警察に捜索願を出すことで積極的な調査が行われます

この調査方法を見て「家族でなければ探偵はどうやって探すのだろう」と考えた人もいるでしょう。お察しの通りで、この調査方法が有効なのは人探しの対象者が依頼者の家族・親族などで、調査対象者の自宅を把握していて入室する場合です。

友人や知人、過去の恋人などを探すときは、探偵は別の方法で人探しを進めます。

探偵はどうやって人探しをするのか:手順②人探しの対象者のSNS・デバイスをチェックする

続いて、探偵は人探しの対象者のSNSやスマホ・パソコンなどを確認します

SNSをチェックすれば利用頻度が高い場所を割り出せたり、友人・知人関係が把握できたりします。

また、スマホやパソコンなどのデバイスを確認すれば、メールやメッセージアプリ、電話などの履歴から人探しの対象者の行方を追える可能性があるのです。

探偵はどうやって人探しをするのか:手順③聞き込みや張り込みをする

人探しの対象者の周辺情報が入手できれば、知人や友人に対して聞き込み調査が実施できます。知人・友人が調査対象者につながる有力な情報を必ずくれるとは限りませんが、可能性はゼロではありません。

自分で人探しの対象者の知人・友人に連絡すると不信に思われるかもしれません。しかし、人探しのプロである探偵の手にかかれば、案外あっさり情報収集ができることもあります。

聞き込みの他にも、人探しの対象者がよく行く場所や会社などの情報があれば、張り込み調査が行われます。あらかじめ探偵に写真や動画などを渡しておくことで、張り込み調査によって人探しの対象者の現在の住所が見つかる可能性があるのです。

探偵はどうやって人探しをするのか:手順④依頼者に人探しの調査報告書を渡す

探偵に人探しの依頼をすると、調査報告書を作成してもらえます。調査報告書を作成するタイミングは利用する探偵事務所によって異なりますが、ある程度の情報が収集されると報告書にまとめてくれることが多いです。

調査報告書の中には、人探しの対象者につながりそうな情報が記載されていたり、知人・友人からの証言が書かれていたりします。

利用者からすると「探偵はどうやって人探しをしているのか」と気になりますが、調査依頼すればあらゆる手を尽くして人探しをしてくれます。どうしても会いたい・現在の状況が知りたい人がいるなら、探偵に人探しを依頼してみるのも1つの方法です。

名前がわからなくても人探しを依頼することはできる?

結論から言えば、探したい人の名前が分からなくても探偵に人探しを依頼することは可能です。ただし、人探しが成功する確率は低くなります。

この理由は、探偵による人探しは調査対象者の情報が多いほど、成功しやすくなるからです。

名前があればインターネットやデータベースで検索したり、聞き込み調査をしたりなどできます。しかし、名前が分からなければ調査方法の幅が狭くなってしまうので、調査に時間がかかったり、残念ながら見つからなかったりするのです。

探す人の名前が分からないときは、探偵にできるだけ多くの情報を伝えましょう。たとえば、顔写真や容姿の特徴、よく利用する場所などの情報を準備すると探偵も調査がしやすくなります

「この情報でどうやって人探しができるのだろう」と不安になるような小さな情報でも、人探しのプロである探偵にとっては重要な手がかかりになることもあります。

名前が分からない場合は特に自分で人探しの可能性を狭めずに、探偵にできる限りの情報を伝えましょう。

自分で調査することは可能?対策はどうやってやるべき?

非常に手間はかかりますが、探偵に依頼するのではなく、自分で人探しをすることも可能です。

この章では、自分で人探しをするときのやり方を解説します。探偵に依頼する勇気がない人や料金面が気になる人は、これから紹介する調査方法で人探しをしてみましょう。

どうやって自分で人探しをするのか:方法①友人・知人に聞き込みする

調査対象者と共通の友人・知人がいる場合は、探している理由を話して協力してもらうのも1つの方法です。ただし、明確な理由を伝えないと怪しまれてしまい、どうやっても情報を教えてくれない可能性があります

友人・知人に協力を依頼する場合は、調査対象者と自分の関係性などを踏まえて適切な自分に依頼することが大切です。

どうやって自分で人探しをするのか:方法②インターネットで検索する

探したい人の名前が分かる場合は、探偵に依頼する前にインターネットで検索してみましょう。漢字フルネームで入力すると、学生時代の部活動の記録などがヒットする可能性があります。

もちろん、同姓同名の別人の可能性もあるので、情報を吟味することが大切です。

本名が分からなかったり、どうやっても良い情報が得られなかったりする場合は、これからの紹介する別の調査方法を試してみましょう。

どうやって自分で人探しをするのか:方法③SNSで捜索する

検索エンジンを使用するやり方もいいですが、SNS(Twitter、Instagram、Facebookなど)でも検索することをおすすめします。もしかすると、探したい人が自分の情報をネットで公開しているかもしれません。

本名で検索しても見つからない場合は、あだ名で探すのも1つの方法です。

検索した結果、該当するアカウントが複数出てきた場合は、プロフィールや投稿内容をチェックします。上手くいけば、投稿している写真に付いた位置情報から、探したい人の居場所が特定できるかもしれません。

人探しの対象者本人のSNSアカウントが見つからない場合は、知人や友人のアカウントから飛べないか確認することをおすすめします。

どうやって自分で人探しをするのか:方法④公開情報を確認する

公開情報とは、一般人でもアクセスできるデータベースのことです。

どうやって公開情報から人探しをするかと言うと、情報を閲覧して調査対象者を探すのです。具体的には、次のようなものが公開情報と呼ばれます。

  • 住宅地図
  • 不動産登記簿
  • 商業登記簿
  • 官報
  • 商業用データベース
  • ドメイン登録情報

ただし、公開情報は誰でも簡単に確認できるわけではありません。自分の個人情報を登録して会員登録したり、料金が必要になったりすることもあります。

また、探している人に関連する情報が必ず公開情報で見つかる保証はありません。どうやっても見つからない場合は、公開情報を利用する方法以外で人探しをすることになります。

注意点:ストーカー規制法に抵触しないようにする

ストーカー規制法とは、何度もつきまといなどの迷惑行為をする人に対する法律です。誰かに待ち伏せされたり、押し掛けられたりした人が不安や恐怖を感じた場合に、警察に相談することで迷惑行為をした人に警察から警告などが行われます。

「自分は人探しをしているだけ」と思っていても、気持ちが強いあまり、気付かないうちに相手に迷惑をかけるかもしれません。

「どうやって自分で人探しをすればいいのか」ばかり気になってしまいますが、大切な人に不快な思いをさせないように注意することが大切です

下表にストーカー規制法に抵触する行為をまとめました。どうやって自分で人探しをすればいいのかばかり考えてしまう人は、どのような行為が法律に触れるかをきちんと確認しておきましょう。

ストーカー規制法に該当する行為 具体的な行動事例
つきまとい、待ち伏せ、押し掛け、うろつき 相手を尾行してつきまとう 相手の進路をふさぐ 相手の職場や自宅、学校などの近くで見張りをする
監視していることを告げる メールで相手の服装や行動などを伝える 相手がよく利用する掲示板に監視していることを書き込む
面会や交際を要求する 電話やメールなどで相手に面会・復縁義務がないことを求める 相手に贈り物を受け取るように強要する
乱暴な言動で相手に接する 相手に対して大声で怒鳴る 相手の自宅の前などでクラクションを鳴らす
無言電話をする、(相手が拒否した後の)連続したメール、電話などをする 相手に電話をかけるだけで何も言わない 相手に拒否されていることを理解せずに、何度もメールやSNSなどでメッセージを送る
汚物等を送付する 汚物や動物などの死体を相手の職場や自宅などへ送る
名誉を傷つける 相手の中傷する内容のメールを送信する
性的しゅう恥心の侵害 相手の自宅などにわいせつな写真を送る メールや電話、SNSなどで卑猥な言葉を相手に伝える

警視庁 ストーカー規制法
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/higai/dv/kiseho.html

自分で人探しをすると、どうやっても歯止めが利かなくなることもあります。法律に触れて大変なことになる前に、人探し・調査のプロである探偵に相談・依頼した方がいいでしょう

まとめ:早さ・確実性はプロが一番。まずは相談だけでも

今回は、初恋の人や思い出の人などをどうやって探すのか、具体的な方法を説明しました。

自分でどうやって人探しをするのかについても解説しましたが、スピーディかつ確実に人探しをしたいなら探偵事務所に依頼した方がいいでしょう。料金はかかりますが、人探しが成功する確率はアップします。

弊社「探偵社FUJIリサーチ」では、24時間365日いつでも無料でご相談を受け付けています。相談は無料、匿名でもかまいません

「どうやって自分で人探しをすればいいのか」「どうやって良い探偵を見つければいいのか」と悩んでいる時間は、とてももったいないです。その時間を無駄にするよりも、まずはご相談だけでもお早めにしていただければと思います。

まずはお気軽に
無料相談をご利用下さい。

探偵社FUJIリサーチでは、人探し、行方調査、浮気・不倫調査、結婚詐欺調査などを承っております。

テレビ番組等への調査協力など、メディアからも信頼をいただいている独自の調査ノウハウで、皆さまのお悩み解決をサポート致します。

  • 家族が家出した。急いで居場所を探したい
  • 40年前の恩師を探してお礼を言いたい
  • 恋人が浮気をしているかも。証拠を集めたい
  • 配偶者が不倫している。離婚裁判で有利になる資料を集めたい
  • 婚約者に金銭を要求される。結婚詐欺かも?

こんなお悩みを抱えている方は、お気軽に匿名無料相談をご利用下さい。最適な調査プランのご提案、料金のお見積りを無料でご対応致します。

24時間365日、いつでも無料でご利用いただけます。