人探し・行方・所在調査
昔好きだった人を探したい!初恋の人探しを探偵に依頼する際の手順・料金

初恋の人探しを探偵に依頼する場合の費用

誰しも初恋をしますが、この記事を読んでいる人の中には「思い出のあの人に一目でいいから会いたい」と考えている人もいるでしょう。

しかし、初恋から時間が経っていれば人探しは難しくなります。また、そもそも自分でどうやって人を探せばいいのか分からずに困ってしまうこともあるかもしれません。

そこで今回は、初恋の人探しをしたい人に向けて捜索に必要な情報や料金相場などを紹介します。自分で探したい人のために具体的な調査方法・ノウハウもお伝えするので、あわせてチェックしてください。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • 初恋の人に会いたい人
  • 昔好きだった人を探したい人
  • 好きな人を探すのに必要な情報が知りたい人

初恋の人探しは探偵に依頼できる!必要な情報とは

初恋の人探しは、その道のプロである探偵に調査を依頼できます。初恋の人に関する情報が少なくても調査してもらえますが、必要な情報が揃っているほど人探しの成功率がアップします。

そこでこの章では、初恋の人探しを探偵に依頼する場合に揃えておくいい情報をまとめてチェックしていきましょう。

初恋の人探しに必要な情報1:昔の写真

あまり小さなころの写真だと見つけづらいですが、昔の写真があれば張り込みをしたときに探偵が初恋の人を探しやすくなります。

また、できるだけ新しい写真を提供することで、探偵が依頼者の初恋の人だと断定しやすくなるメリットもあるのです。

手持ちのスマホに初恋の人の写真がない場合は、実家に残している写真やアルバム、卒業写真などをチェックしてみましょう。昔関係があった人が初恋の人探しの対象なら希望があるかもしれません。

初恋の人探しに必要な情報2:昔の住所

昔の住所を探偵に伝えると現地に調査へ行ってくれたり、周辺で聞き込みをしてくれたりします。もちろん、探偵は個人情報に配慮した調査をするので、依頼者が初恋の人探しをしていることが第三者にバレる可能性は低いです。

携帯やパソコンなどに初恋の人の住所が登録されていない場合は、過去にやり取りした手紙や年賀状などを確認してみるといいでしょう。

初恋の人探しに必要な情報3:現在の職業・仕事

現在の職業や仕事が分かれば、探偵は初恋の人が出現する場所を絞れます。そのため、探偵事務所が張り込みや尾行をしやすくなります。

現在の職業や仕事が分からない場合は、過去のものを探偵事務所に伝えましょう。

「過去の職業・仕事で初恋の人探しができるのだろうか」と考える人がいるかもしれません。しかし、たとえ職場が変わっていても同業種に転職していたり、まだ近辺で暮らしていたりする可能性があります。

初恋の人に関する情報は小さなものでも探偵にすべて伝えることが大切です。依頼者が捜索に必要ないと考える情報でも、探偵に任せれば初恋の人探しの良い結果につながることがあります。

初恋の人探しに必要な情報4:以前の連絡先

初恋の人の以前の連絡先が分かる場合も探偵に伝えましょう。

残念ながら、依頼者からの連絡を初恋の人がブロックしている可能性もあります。そのため、依頼者は「初恋の人の以前の連絡先だ」と思っていても、第三者の探偵からの連絡であれば現在もつながることがあるのです。

探偵が持つデータベースで検索すれば、現在はつながらない以前の連絡先でも初恋の人の現在を知れる可能性があるでしょう。

初恋の人探しは、時に傷ついてしまうことがあります。人探しのプロである探偵に本格的な調査を依頼する前に、今一度「初恋の人探しをして現在の状況を知りたいのか」冷静に考えることをおすすめします。

初恋の人探しに必要な情報5:名前、生年月日

名前や生年月日などが分かる場合も、人探しのプロである探偵に伝えましょう。

ただし、初恋の人探しに必要とは言え、名前や生年月日などは重要な個人情報になるので取り扱いに十分注意する必要があります。個人情報が流出して初恋の人に迷惑をかけないためにも、信頼できる探偵事務所に調査を依頼することが大切です。

相場費用よりもかなり探偵の料金が安い場合は、利用者の口コミや評判を確認してしっかり判断することをおすすめします。

探偵事務所・興信所に調査依頼する場合の料金相場

ここでは、探偵事務所・興信所に初恋の人探しをしてもらう場合の料金相場をまとめました。関東エリアの探偵事務所・興信所のおおよその相場になります。

初恋の人探し難易度費用相場
S(高い)30万円~60万円
A10万円~50万円
B10万円~40万円
C10万円~30万円
D10万円~20万円
E(低い)5万円~10万円

※おおよその相場のため、あくまで目安としてご覧ください。

初恋の人探しは難易度によって料金プランは大きく変わります。調査の難易度は、初恋の人に関する情報の量などを元に決まる仕組みです。

例えば、初恋の相手の名前や住所、知人などの情報を依頼者が知っていれば調査の難易度は低くなります。

しかし、街で見かけて一目ぼれをし、名前などの情報が一切分からない場合は難易度が高くなってしまいます。その分、探偵事務所に支払う料金が高額になるので、比較的まとまったお金を用意する必要があるでしょう。

なお、今回紹介した初恋の人探しにかかる費用はあくまでも目安です。依頼する探偵事務所によって料金体系が異なるので、ホームページや電話などで確認することをおすすめします

思い出の人を見つけるために自分でできる方法はある?

過去の写真やSNSサイト・アプリを見返したり、現在の生活に満足できなかったりするのがきっかけで、初恋の人を思い出すことがあります。

人探しのプロである探偵に依頼した方が良いことは理解できても、費用などを考えるとなかなか依頼できない人もいるでしょう。

そこでこの章では、自分で初恋の人探しをしたい人向けに有効な捜索方法をいくつか紹介します

自分で初恋の人探しをする方法1:知人や友人に情報をもらう

初恋の人と共通の知人・友人がいるなら連絡してみましょう。

このとき、できるだけ初恋の人と深い関係の人に話を聞くのがおすすめです。関係が浅い知人・友人だと不確かな情報を共有されて、初恋の人探しが難航してしまう可能性があります。

情報を集める自分自身も信用できる知人・友人だとなお良しです。

自分で初恋の人探しをする方法2:卒業名簿を確認する

個人情報の観点から近年は卒業名簿に住所や連絡先を載せることが少なくなりました。しかし、少し前の卒業名簿なら初恋の人探しにつながる情報が記載されているかもしれません。

現在は、卒業名簿に載っている住所に思い出の人が住んでいなくても、近くに行って調査すると有効な情報が得られる可能性があります。

「どうしても自分で初恋の人探しをしたい」という人は、ぜひ卒業名簿を見返してみてください。

自分で初恋の人探しをする方法3:SNSをチェックする

初恋の人のSNSアカウントが分かる場合は、過去の投稿や共通の友人がいないかを確認してみましょう。

投稿した写真や文章を細かくチェックしていくと、初恋の人の行動範囲が特定できる可能性があります。SNSの情報からある程度行動範囲が絞れたら、実際に現地に行って調査します。

初恋の人のSNSが分からない場合は、検索エンジンに思い出の人の名前やあだ名などを入力するのも1つの方法です。初恋の人がアカウントに鍵をかけていなければ、SNSを特定できるかもしれません。

自分で初恋の人探しをするときの注意点:ストーカー規制法に気を付ける

どうしても初恋の人に会いたいがあまり、自分でも気付かないうちにストーカーになってしまうことがあります。気持ちが強いのは分かりますが、初恋の人探しをするときは相手が不快に感じる行為をしないように最大限の注意を払いましょう。

ちなみに、ストーカー規制法は本人を待ち伏せしたり、何度も会いたいと伝えたりしなくても抵触することがあります

以下は警視庁が公開しているストーカー規制法に該当する行為の例です。初恋の人に嫌な思いをさせないためにも、自分で初恋の人探しをするときは以下の内容に目を通しておくことをおすすめします。

つきまとい、待ち伏せ、
押し掛け、うろつき
相手を尾行してつきまとう、相手の進路をふさぐ、
相手の職場や自宅・学校などの近くで見張りをする
監視していることを告げるメールで相手の服装や行動などを伝える、
相手が利用する掲示板に監視していることを書く
面会や交際を要求する電話やメールなどで相手に面会・復縁義務がないことを求める、
相手に贈り物を受け取るように強要する
乱暴な言動で相手に接する相手に対して大声で怒鳴る、
相手の自宅の前などでクラクションを鳴らす
無言電話をする、
(相手が拒否しても)連続したメール・電話などをする
相手に電話をかけるだけで何も言わない、
相手に拒否されていることを理解せずに
何度もメールやSNSなどでメッセージを送る
汚物等を送付する汚物や動物などの死体を相手の職場や自宅などへ送る
名誉を傷つける相手の中傷する内容のメールを送信する
性的しゅう恥心の侵害相手の自宅などにわいせつな写真を送る、
メールや電話・SNSなどで卑猥な言葉を相手に言う

警視庁 ストーカー規制法
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/higai/dv/kiseho.html

自分が加害者になることを防止するためにも、初恋の人探しをするときはプロである探偵事務所・興信所に調査を依頼することをおすすめします。

探偵事務所・興信所が依頼を受けられないケース

探偵事務所・興信所に初恋の人探しを利用する場合、調査目的が違法だと判断されると依頼できません

例えば、犯罪を助長するために初恋の人探しをする場合やDV(家庭内暴力)に関連する調査だと、いくら探偵事務所・興信所にお願いしても取り合ってもらえません

初恋の人探しをしたい気持ちがある一方で、犯罪や大きなトラブルにつながるような調査目的を持っているならとどまりましょう。

まとめ:初恋の人探しはプロへの依頼がおすすめ

今回は、初恋の人探しをしたい人向けにいろいろな情報をお伝えしました。解説した内容のポイントをまとめると以下の通りです。

  • 初恋の人探しは情報が少なくてもある程度は可能
  • 情報があるほど、初恋の人探しの成功率が上がる
  • 探偵事務所の料金は人探しの難易度などを元に決まる
  • 成功率はあまり高くないが、自分で初恋の人探しをする方法もある
  • 自分で初恋の人探しをするときはストーカー規制法に注意する

記事の中盤で、自分で初恋の人探しをする方法を紹介しましたが、確実性を求めるなら実績がある探偵事務所に調査を依頼した方がいいでしょう

弊社「探偵社FUJIリサーチ」では、初恋の人探しをはじめ、行方調査・所在調査を承っています。10年以上の実績や独自に積み上げたノウハウを評価いただき、年間1万人以上の方にご相談いただいております。

相談は無料、匿名でのお問い合わせでも大丈夫です。「初恋の人探しをしていると言うのが恥ずかしい」という人も、ホームページのWebお問い合わせフォームからお気軽にご相談下さい。

きっと見つからないと諦めてしまった方も、まずは1度ご相談下さい。皆さんの思い出の人を探すお手伝いをさせていただければと思います。

まずはお気軽に
無料相談をご利用下さい。

探偵社FUJIリサーチでは、人探し、行方調査、浮気・不倫調査、結婚詐欺調査などを承っております。

テレビ番組等への調査協力など、メディアからも信頼をいただいている独自の調査ノウハウで、皆さまのお悩み解決をサポート致します。

  • 家族が家出した。急いで居場所を探したい
  • 40年前の恩師を探してお礼を言いたい
  • 恋人が浮気をしているかも。証拠を集めたい
  • 配偶者が不倫している。離婚裁判で有利になる資料を集めたい
  • 婚約者に金銭を要求される。結婚詐欺かも?

こんなお悩みを抱えている方は、お気軽に匿名無料相談をご利用下さい。最適な調査プランのご提案、料金のお見積りを無料でご対応致します。

24時間365日、いつでも無料でご利用いただけます。