人探し・所在調査
発見までにかかる期間はどれくらい?探偵の人探し調査における時間と料金

探偵・興信所に人探し依頼をした際の発見までの期間とは

会いたい人や捜索したい人がいる場合は、人探し調査のプロである探偵事務所や興信所に相談すると発見の確率が高くなります。

しかし、人探し調査を依頼したことがなければ、どれくらいの期間で対象者を発見できるのだろうと不安に思う人も多いでしょう。

そこで本記事では、探偵事務所や興信所に人探しを依頼した場合の調査期間について詳しく紹介します。調査にかかる値段や期間を短期化するためのコツもあわせて確認していきましょう。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • 人探しを探偵に依頼しようと考えている人
  • 人探しにかかる期間の目安が気になる人
  • できるだけ人探しの調査期間を短くしたい人

人探しにかかる期間は案件によって大きく異なる

探偵事務所や興信所などに人探し調査を依頼すると、ある程度の期間が経過してから結果を教えてくれます。

結論から言えば、何らかの成果が得られるまでに必要な期間は案件によって異なります。したがって、探偵事務所などの人探し調査にかかる期間の目安はないと言えるでしょう。

期間の目安がない理由としては、人探しの状況はすべて異なっていて難易度がまったく違うことにあります。

どんな案件でも、少なくとも7日~10日ほどは調査期間が必要になるので、「早く対象者を見つけ出したい」という場合はなるべく早めに探偵事務所や興信所への依頼を検討することをおすすめします。

人探しの捜索期間が長くなりやすい場合とは?

探偵事務所などへ人探し調査の依頼を検討している人の中には、「具体的にどういった場合に調査期間が長引くのだろう」と気になる人もいるでしょう。

以下は、人探しの捜索期間が長期化しやすいケースです。該当するからといって必ず調査期間が長くなるわけではありませんが、1つの目安として確認しておくことをおすすめします。

人探し対象者が痕跡を消そうとしているケース

調査の依頼者が「絶対に見つけ出したい」と考えていても、探される対象者が意図的に身を隠している事案もめずらしくありません。

本人が追跡を拒んでいる場合は、探偵事務所や興信所を使っても捜索期間が長引くことが予想されます

偽名を使っていたり、日本から出ていたりするなどの可能性がある場合は、契約する前に探偵事務所や興信所に相談しておくことが大切です。

依頼者と対象者が連絡が取れなくなってから長期間経過しているケース

人探し調査の依頼者と捜索の対象者が顔見知りの場合は、音信不通になってから長期間が経過していると痕跡が残っていない可能性が高いです。

連絡を断ってから数カ月前であれば人探しの調査期間は短くすむことが多いですが、数年~数十年経過していると依頼者自身の記憶も曖昧になります。依頼者が持っている情報も古くなり、周囲の人から正確な情報を得るのも難しいでしょう。

したがって、人探し調査をできるだけ短期間で終わらせたいと考えている場合は、早めに探偵事務所や興信所に話をすることが重要だと言えます。

人探しの捜索期間が短くなりやすい場合とは?

では続いて、探偵事務所などの人探し調査が短期間で終わりやすい場合とはどのようなケースなのか見ていきます。

人探しの対象者がインターネットで活動している

発見したい対象者がブログやSNSなどで積極的に活動している場合は、割と簡単に人探しが可能です。

投稿されている内容に地名などが載っていないか、写真に位置情報がついていないかなどを確認してみましょう。人探し対象者のアカウントを知らなくても、インターネットで名前やあだ名を検索すると出てくることがあります。

また、共通の友人のフォロー・フォロワーを辿ると、人探し対象者につながる可能性も高いです。

人探しの対象者がインターネット上で多くの情報を共有していれば、電話番号やメールアドレス、住所などの情報を知らなくても短期間で捜索が完了することが予想されるのでぜひチェックしてみてください。

音信不通になってから数カ月以内

調査対象者と連絡が取れなくなってから数カ月以内であれば、相手に関する正確な情報が多いので調査期間が短くなりやすいです。

引越しや転職などで忙しくて連絡が取れないだけという可能性もあるため、比較的容易に見つかることもあると言われています。

ただし、前述の通り、人探し対象者が自ら身を隠している場合は、音信不通になってからあまり時間が経過していなくても捜索期間が長期化することもあると頭に入れておきましょう。

調査が長期化すれば料金も高額に。探偵の料金体系とは

探偵事務所などの人探し調査にかかる料金は、さまざまな要因を元に決まります。例えば、先に少し触れた調査の難易度や期間、調査エリア、調査人数などが料金に影響を与えます

人探しの調査期間が長くなるほど、探偵事務所や興信所の人件費などがかさんでしまうので料金は高額になりやすいです。

人探しの調査期間ができるだけ短くすむようにするためには、探偵事務所などへの依頼前に対象者に関連する情報をしっかり収集することがポイントになります。

具体的にどのような情報を集めれば調査期間の短縮につながるのかについては、記事の後半で詳しく紹介するのであわせて確認してください。

費用を抑えるなら、依頼時に調査期間を明確にする

前述の通り、探偵事務所などの人探し調査期間が長期化すれば料金が高額になります。しかし、探偵事務所へ支払う報酬面がいくらになるか気になる人も多いでしょう。

なるべく費用を抑えて人探し調査を依頼したい場合は、探偵事務所や興信所と契約する段階で調査期間を設定しておくのがおすすめです。

あらかじめ決めている予算内で、できるだけの人探しを進めてもらうように探偵事務所へ依頼すれば安心です。

なるべく早く見つけるには?人探しの成功率アップに必要な情報

探偵事務所などの人探し調査にかかる期間をできるだけ短くするためにも、調査対象者に関連する情報をできるだけたくさん集めておきましょう。

情報が多くあるほど人探し調査の難易度が低くなり、発見などの成果につながりやすくなります。また、高い難易度の調査よりも料金が安くなり、調査期間も短期化される可能性が高くなるのもポイントです。

具体的には以下のような情報をまとめておくと、探偵事務所などの人探し調査がスムーズに進みやすくなります。

  • 人探し対象者の名前
  • 顔写真
  • 以前の住所
  • 電話番号
  • 業種
  • 勤務先
  • 趣味・嗜好
  • 車種(ナンバー含む)
  • 行動範囲
  • 交友関係
  • SNS

以上の情報を集めるためには、自分の携帯やパソコンなどのデバイスを確認したり、アルバムを見返したりすると良いでしょう。人探し対象者と共通の友人がいる場合は、協力を求めるのも1つの方法です。

自分だけで用意をしていると人探し調査を依頼するまでに期間が経過してしまうので、ある程度情報をまとめられた段階で探偵事務所や興信所に相談することをおすすめします。

人探しの捜索期間短縮に必要な情報1:人探し対象者の名前

探偵事務所などで捜索したい人の名前は、漢字のフルネームを把握しているのがベストです。漢字が分からない場合は、年賀状や携帯電話の登録情報、卒業アルバムなどを確認してみましょう。

探偵事務所や興信所によっては、名前が分からない場合は人探し調査の依頼ができないこともあるのであらかじめ確認しておくことをおすすめします。

人探しの捜索期間短縮に必要な情報2:生年月日

生年月日が分からない場合は、共通の友人に尋ねたり、過去にお祝いしたときに撮った写真の撮影日を確認したりするのが有効です。

SNSのアカウントに人探しの対象者が登録していたり、IDに組み込んでいたりすることもあるのであわせてチェックしてみてください。

人探しの捜索期間短縮に必要な情報3:顔写真

顔写真はできるだけ新しいものを用意しましょう。

手元に写真がない場合は、過去に使用していた携帯電話のデータを見たり、SNSやドライブに保存していないか確認したりすると良いでしょう。

人探しの捜索期間短縮に必要な情報4:以前の住所

探偵事務所や興信所に人探し調査を依頼すれば、現在の所在について知らなくても以前の住所から捜索を進めてくれます。

人探し対象者が以前暮らしていた住所の近くで自分で聞き込み調査をする方法もありますが、このご時世なので周囲の人に怪しく思われて警察に通報される可能性もあります。

探偵事務所や興信所に調査を依頼すれば、こうしたリスクを負う必要もないので安心です。

人探しの捜索期間短縮に必要な情報5:電話番号

人探し対象者が使用していた携帯電話や自宅の電話番号が分かる場合は、調査を依頼する探偵事務所・興信所に伝えましょう。

個人情報なので、しっかりと管理してくれる探偵事務所を探すことが大切です。

人探しの捜索期間短縮に必要な情報6:業種

人探し対象者がどのような業種で働いているかは、調査において重要なので忘れずに探偵事務所や興信所に伝えてください。

現在も同じ業種で働いているかどうか分からなくても問題ありません。

人探しの捜索期間短縮に必要な情報7:勤務先

以前もしくは現在勤めている場所を知っている場合は、会社の正式名称や住所を確認しておきましょう。

相手の勤務先が分からないときは、共通の友人や同僚などに協力を求めるのも1つの方法です。

勤務先は人探し調査の依頼に必須の情報ではありませんが、調査期間を短縮するのに効果的なのでできるだけ把握しておくことをおすすめします。

人探しの捜索期間短縮に必要な情報8:趣味・嗜好

人探し対象者の趣味や嗜好が分かれば、対象者が表れる可能性がある場所の特定に役立ちます。

探偵事務所や興信所の担当者は人探しのプロなので、小さな情報をつなげて対象者の発見につなげてくれます。「こんな情報では発見につながらないだろう」と自分の中で見切りをつけずに、どんな些細な情報でも担当者に伝えるようにしましょう

人探しの捜索期間短縮に必要な情報9:車種(ナンバー含む)

対象者の車種やナンバーが分かれば、ある程度エリアが絞れてきたときなどに特定しやすくなります。

例えば、マンションの駐車場にある車のナンバーを洗いざらい確認すれば、一致する車を見つけられるかもしれません。

ナンバーまで分からなくても、車の色やメーカー、形、内装の特徴など、車に関する情報をいろいろ思い返してみましょう。

人探しの捜索期間短縮に必要な情報10:行動範囲

人探しの調査対象者の行動範囲が分かれば、張り込み調査などを実施できます。

平日によく立ち寄る飲食店やジム、休日の過ごし方など、情報を洗い出してみましょう。

人探しの捜索期間短縮に必要な情報11:交友関係

人探し調査の依頼者と対象者との間に共通の友人がいなくても、対象者の交友関係を知っていることもあるでしょう。

例えば、高校の友人よりも大学の友人と仲良くしている、休日は同僚とゴルフに行くことが多いなどです。

交友関係から対象者の発見につながる事例もめずらしくないので、丁寧に思い出すことをおすすめします。

人探しの捜索期間短縮に必要な情報12:SNS

人探しの対象者の中には、SNSに手掛かりとなる情報をアップしている人もいます。

依頼者がフォローしていなくても、アカウントを知っていれば探偵事務所や興信所が調査を進めてくれるので安心です。

探偵の人探しにかかる期間まとめ

探偵事務所や興信所に人探しを依頼した場合の捜索期間は、調査の難易度に影響されます。そのため、調査期間の具体的な目安は存在しません。

探偵事務所などの人探しの調査期間は、捜索する対象者の情報が少ないほど長くなりやすいです。できるだけ期間を短縮して成果を得るために、有効な情報をしっかり集めた状態で探偵事務所や興信所に相談することが大切です。

今回紹介した内容を参考に、人探し調査に必要な情報を準備して探偵事務所や興信所に相談してみましょう。

まずはお気軽に
無料相談をご利用下さい。

探偵社FUJIリサーチでは、人探し、行方調査、浮気・不倫調査、結婚詐欺調査などを承っております。

テレビ番組等への調査協力など、メディアからも信頼をいただいている独自の調査ノウハウで、皆さまのお悩み解決をサポート致します。

  • 家族が家出した。急いで居場所を探したい
  • 40年前の恩師を探してお礼を言いたい
  • 恋人が浮気をしているかも。証拠を集めたい
  • 配偶者が不倫している。離婚裁判で有利になる資料を集めたい
  • 婚約者に金銭を要求される。結婚詐欺かも?

こんなお悩みを抱えている方は、お気軽に匿名無料相談をご利用下さい。最適な調査プランのご提案、料金のお見積りを無料でご対応致します。

24時間365日、いつでも無料でご利用いただけます。

関連記事