コラム
【浮気調査】探偵による尾行の方法と費用とは。バレた場合はどうなる?

尾行調査(不倫調査)の調査報告書は、裁判などでも浮気の証拠として提出可能

記事まとめ

探偵が浮気調査を行う場合のおもな調査方法のひとつに尾行があります。

テレビドラマなどで目にするような、物陰に隠れながらの尾行は実際に行われている方法なのでしょうか。

探偵による尾行は一般の人でも真似できるものなのでしょうか。

この記事では探偵による尾行について、また探偵に尾行を依頼した場合の費用や調査が調査対象者にバレた場合の対処法などをくわしく解説します。

株式会社ワンプロテクト 代表取締役

記事の監修担当者:
髙村 一成 氏

人探し・浮気調査・企業調査などを専門として行うプロ集団「FUJIリサーチ」の代表。アドバイザー・企画課・機動課の3つのチームを構成し、これまで累計3000件以上もの調査を成功させてきた。

尾行調査とは

尾行調査とは

尾行調査とは、おもに浮気調査(不倫調査)で探偵が複数名で対象者に気付かれないよう行動を監視することです。

対象者の行動を記録し、建物の前で張り込みを行ったり、重要なポイントでは写真や動画を撮影したりして浮気の証拠を集めていきます。

尾行調査(不倫調査)の完了後には裁判などでも証拠として使用できる「調査報告書」を作成します。

探偵による尾行は違法ではない

探偵による尾行は、違法ではありません。

これは探偵業法の中で、探偵の行う業務を「面接による聞き込み、尾行、張り込みその他これらに類する方法による調査」と定義しているためです。

では一般人が尾行を行った場合違法になるのかというと、尾行そのものを取り締まる法律はありませんが、ストーカー規制法や軽犯罪法に触れる恐れがありますから注意しましょう。

尾行の流れ

調査のプロである探偵の尾行はどのような方法で行われるのでしょうか。

探偵による尾行は、簡単そうに見えても実は調査スキルが必要です。

ここでは実際に探偵事務所や興信所に浮気調査を依頼した場合の流れに沿って尾行の方法をくわしく解説します。

打ち合わせ

打ち合わせ

尾行調査を始める前に、探偵と依頼者による打ち合わせが行われます。

尾行を行う際は、調査対象者の外見を把握していなければなりません。

そのため、打ち合わせでは調査対象者に関する基本的な情報や普段の行動パターンなどのヒアリングを行います。

打ち合わせについては、調査対象者(旦那様)の写真を数枚用意

また、ターゲットの写真を何枚か、さまざまな角度から撮影したものを持参するのもポイントです。

尾行開始

探偵による尾行は、対象者から適度に距離を保って行われます。

街中など人の多い場所では5メートル程度離れたところから対象者に気づかれないよう注意しながら、人混みに紛れて対象者を見失わないよう監視するなど、状況に応じた対処が必要です。

例えば調査対象者が突然タクシーに乗り込んでしまったり、Uターンして探偵の方に歩いてくることもあります。

そのような突然の行動にも慌てず臨機応変に対応するのがプロの探偵です。

経過報告

探偵による浮気(不倫)調査では、依頼者の希望によっては調査の途中で経過報告を入れてくれることがあります。

浮気調査がスムーズに進んでいるのか、依頼した側からすれば気になるところです。

事前に経過報告について要望を伝えておけば、尾行調査の進捗を常に把握することができるでしょう。

その日の浮気調査の終了間際にパートナーの行動に動きがあった場合など、浮気調査を延長するかどうかの問い合わせを受けることも可能です。

張り込み

張り込み

探偵による張り込み調査は、尾行調査と並んで探偵が多く用いる調査方法のひとつです。

張り込みは、ある場所で待機しながら調査対象者の動きを見張ることです。

張り込みは、対象者の自宅や勤め先、立ち寄り先などで行われます。

浮気調査の場合、浮気(不倫)相手の自宅やラブホテルなどの近くで浮気(不貞行為)の証拠を掴むために張り込みを行うことが多いです。

離婚や慰謝料請求に必要な不倫の証拠の獲得

尾行や張り込みによって、離婚や慰謝料請求に必要な不倫(不貞行為)の証拠を獲得します。

離婚や慰謝料を請求するためには、パートナーと浮気相手の間に不貞行為(肉体関係)があったと推察される証拠を獲得しなければいけません。

この場合の不貞行為を示す証拠とは、パートナーと浮気相手がラブホテルや浮気相手の家に出入りする写真などをいいます。

調査報告書の作成

探偵による調査が完了すると、だいたい数日から一週間ほどの間で不倫の調査報告書が作成されます。

きちんと作成された不倫の調査報告書は証拠として裁判でも使えるもので、次のような内容が記載されたものです。

対象者の情報 対象者の個人情報(住所・氏名・勤務先)
浮気調査の期間 浮気調査が行われた期間
行動の詳細 調査日の調査対象者の行動が、時系列で文章と写真を使ってくわしく記録される。調査対象者や立ち寄った場所の写真が要所要所で撮影され、マップにより位置情報も特定される。客観的に書かれている。
調査員(探偵)の所見 客観的にみて調査対象者が浮気をしているのか、簡潔に述べられる

探偵による尾行のテクニック

探偵による尾行のテクニック

探偵による尾行のテクニックとはどのようなものでしょうか。

一般的に尾行のテクニックを身に着けるには3年ほどの経験が必要とされています。

ここでは探偵による尾行のテクニックについて、徒歩の場合と車両の場合を例に挙げてくわしく解説します。

①徒歩で尾行する場合

徒歩で尾行を行う場合、最も大切なポイントは距離感です。

この距離感は、道の大きさや人通りの多さ、周りの状況で変わります。

たとえば人通りの多い場所ならば、距離を空けすぎると調査対象者を見失うリスクが高くなるため、他人を間に挟みつつ、対象者を見逃さない距離を保って尾行しなければなりません。

逆に人通りの少ない道路や住宅街では、対象者との距離が近すぎると、こちらに注意を引いてしまう可能性があります。

このような場合にはなるべく距離を置き、建物や車の陰などで様子を見ながら尾行しなくてはなりません。

②車両で尾行する場合

車両を使って尾行を行う場合、まず考えるべき点は調査に使う車の選び方です。

余り目立った色やデザインの車を選んでしまうと、印象に残りやすく浮気調査が調査対象者に知られてしまう可能性があります。

車両を使って尾行調査を行う場合は、周りの車両に溶け込みやすい白のセダンやミニバンなどを使うのがポイントです。

浮気調査の依頼費用はどれくらい?

探偵に浮気(不倫)調査を依頼した場合、費用はどれ位かかるでしょうか。

浮気調査の費用は、それぞれの探偵事務所の料金設定や調査の目的により異なりますが、10~100万円が相場です。

不倫の事実確認が目的であれば、3~10万円程度の費用がかかりますが、離婚や慰謝料請求のために浮気の証拠が必要な場合、調査期間が長くなるほど費用も高額になります。

探偵の尾行がバレないための工夫・ポイント

探偵の尾行がバレないための工夫・ポイント

探偵による尾行は、調査対象者に尾行していることがバレないよう、さまざまな工夫をしています。

ここでは尾行調査の際に探偵が行っている工夫やコツ、ポイントについてくわしく解説します。

①服装

探偵が浮気(不倫)調査で対象者を尾行する場合、対象者に尾行が気づかれないよう、服装にも気を遣います。

あまり目立つ色や奇抜なデザインだと印象に残りやすいため、尾行が長時間にわたると対象者に気付かれる可能性が高いです。

そのような事態を避けるためにリバーシブルの上着で変化をつけたり、帽子やメガネなどの小物類を上手く使って尾行を行います。

②複数による尾行

探偵による不倫調査では尾行は基本的に2名以上で行います。 これには次のような理由があります。

  • 1人で尾行すると、トイレなどで現場を離れることが難しい
  • 1人で尾行を続けると対象者の印象に残りやすい
  • 車両での尾行の場合、対象者が急に車を降りた場合など咄嗟に対応できないことがある
  • 1人で尾行すると要所要所での写真撮影や証拠の獲得に手が回らない恐れがある

③対象者と目を合わせないこと

尾行の際に大切なのは、対象者と目を合わせないことです。

対象者が徒歩で移動している際、急に振り向くこともあります。

その際、無意識に対象者の顔を見てしまい、その表情の変化から尾行に気づかれてしまうことがあるのです。

探偵による尾行では、対象者に気付かれないために自分の存在感をどれだけ薄められるかがポイントになります。

ターゲットにバレた場合はどうなる?

ターゲットにバレた場合はどうなる?

探偵に浮気調査を依頼し、探偵による尾行が対象者にバレた場合、次のような問題に発展する恐れがあります。

①夫婦関係に溝ができる

対象者に浮気調査がバレた場合、探偵を雇って浮気調査を行ったことでパートナーが怒り、夫婦関係に溝ができる可能性があります。

その時点で浮気の証拠が掴めていない場合、離婚を迫られる可能性があるため注意が必要です。

②その後の浮気調査がスムーズに進まなくなる

対象者に浮気調査がバレた場合、その後の浮気調査がスムーズに進まなくなる恐れがあるため、注意が必要です。

自分が調査されていることを知ると、パートナーが警戒して不貞行為を控えることが考えられます。

このようなトラブルを回避するには、最初の段階で調査力の高い探偵事務所に浮気調査を依頼することが重要なポイントです。

③調査費用の返還トラブル

探偵事務所による浮気調査が対象者にバレた場合、支払った調査費用の返還をめぐるトラブルにつながるケースは少なくありません。

このような事態を避けるには、探偵に浮気調査を依頼する際「対象者に浮気調査がバレて調査が続けられなくなった場合、支払った調査費用はどうなるのか」について探偵事務所側に確認しておくことをおすすめします。

自分で尾行して浮気調査するのは可能?

自分で尾行して浮気調査するのは可能?

探偵事務所に依頼せず、自分で尾行を行い浮気調査することは可能でしょうか。 自分で浮気調査を行うとどのようなリスクがあるのか、くわしく解説します。

①尾行にはテクニックが必要

前述のとおり、尾行にはテクニックが必要です。テクニックを持たない人が尾行を行っても上手くできる可能性は低いでしょう。

また運良く浮気調査がパートナーにバレなかった場合でも、浮気の証拠を写真などに上手く残せないことが多いです。

自分で浮気調査を行うことをお考えの場合、とっさに写真撮影ができるのか、写真が撮れたとしても浮気の証拠にできる鮮明なものが撮影できるのか冷静に判断して決断しましょう。

②パートナーとの関係に溝ができる恐れ

浮気調査のために自分で尾行を行ってパートナーにバレた場合も、パートナーとの間に溝ができる可能性は高いです。

探偵による尾行がバレた時と同様で、浮気(不倫)の証拠が掴めていないと離婚を請求されてしまう可能性があります。

浮気調査を行う際には、調査力の高い探偵事務所に調査を依頼することが重要です。

浮気の証拠を掴んでいれば、パートナーから離婚請求できなくさせることができます。そのためにも信頼できる探偵事務所を選んで調査を依頼しましょう。

③違法行為にあたるリスク

自分でパートナーを尾行して浮気調査を行う場合、ストーカー規制法や軽犯罪法に対する違法行為にあたるリスクがあります。

探偵と違って一般の人には尾行による浮気調査は認められていません。

ここで紹介したテクニックを真似したとしても、スキルがすぐに身に着くとは考えにくく、失敗する可能性が高いです。

自分で浮気調査を行って失敗した後、パートナーが警戒している状態で探偵事務所に調査を依頼するとなかなか証拠を掴むことができない可能性があります。

調査に時間がかかると調査費用が高額になることが避けられません。

浮気調査を自分で行うのはデメリットの方が大きいため、探偵事務所に依頼する方法をおすすめします。

「浮気されてるかも…」と思ったら、業界屈指の調査力を持つ探偵社FUJIリサーチにお任せください

業界屈指の調査力を持つ探偵社FUJIリサーチ

パートナーに浮気されている可能性がある場合には、数ある探偵事務所の中でも探偵社FUJIリサーチにぜひ調査をお任せください。

探偵社FUJIリサーチは、探偵業界屈指の調査力を持つ探偵事務所です。

探偵事務所の口コミでも、調査力の高さを評価して頂き、実際にご利用頂いたお客様からも調査内容に大変ご満足頂いております。

永年にわたってメディアへの調査協力を行っている点についても、調査力を評価して頂いてのことだと自負しておりますし、そのことで常に気持ちを引き締めてお客様に向き合えることがありがたいです。

当社は常にお客様の気持ちに寄り添い、徹底的にムダを省いた調査を行うことをモットーとしておりますので、浮気調査でお悩みでしたらぜひ無料相談をご利用ください。

記事まとめ

探偵が行う尾行は、たくさんのスキルを必要とする調査方法であることがお分かり頂けたのではないでしょうか。

そのため調査スキルが低い探偵事務所に調査を依頼してしまうと、調査対象者を見失ったり、最悪の場合、調査対象者に調査がバレてしまう可能性もあります。

浮気調査を成功させるには、調査力の高い探偵事務所に調査を依頼するのが安全です。

まずはお気軽に
無料相談をご利用下さい。

探偵社FUJIリサーチでは、人探し、行方調査、浮気・不倫調査、結婚詐欺調査などを承っております。

テレビ番組等への調査協力など、メディアからも信頼をいただいている独自の調査ノウハウで、皆さまのお悩み解決をサポート致します。

  • 家族が家出した。急いで居場所を探したい
  • 40年前の恩師を探してお礼を言いたい
  • 恋人が浮気をしているかも。証拠を集めたい
  • 配偶者が不倫している。離婚裁判で有利になる資料を集めたい
  • 婚約者に金銭を要求される。結婚詐欺かも?

こんなお悩みを抱えている方は、お気軽に匿名無料相談をご利用下さい。最適な調査プランのご提案、料金のお見積りを無料でご対応致します。

24時間365日、いつでも無料でご利用いただけます。

関連記事