浮気調査
信頼できる探偵で浮気調査!選び方のチェックリストと注意すべきことを解説

浮気調査の成否は探偵の選び方で決まると言っても過言ではない!

信頼できる探偵で浮気調査!選び方のチェックリストと注意すべきことを解説

浮気の証拠を掴むために、探偵に浮気調査を依頼したいとお考えの方は多いでしょう。

しかし、数多くの探偵事務所の中から、どのように信頼できる探偵を選べばよいのか、その選び方に頭を悩ませている方も少なくないはずです。

浮気調査の成否は探偵選びで決まると言っても過言ではありません。

この記事では、信頼できる探偵を選ぶためのチェックポイントと、注意すべき事項について詳しく解説します。

株式会社ワンプロテクト 代表取締役

記事の監修担当者:
髙村 一成 氏

人探し・浮気調査・企業調査などを専門として行うプロ集団「FUJIリサーチ」の代表。アドバイザー・企画課・機動課の3つのチームを構成し、これまで累計3000件以上もの調査を成功させてきた。

浮気調査で探偵の選び方に迷う方へ

浮気調査で探偵の選び方に迷ったら

まずは、浮気調査を探偵に依頼するメリットと、自力での浮気調査のリスクについて解説します。

探偵に依頼するメリットと選び方の重要性

探偵に浮気調査を依頼するメリットは、何よりもプロの手による確実な証拠収集が期待できる点です。

探偵は豊富な調査経験と高度な調査スキルを持ち、裁判でも有効な証拠を入手できる可能性が高いです。

また、依頼者である自分が前面に出ずに調査を進められるため、相手に気づかれるリスクを減らせます。

ただし、探偵選びを誤ると、調査の質が低かったり、費用が高額になったりと、トラブルに巻き込まれる恐れもあります。

探偵に依頼する以上、その選び方は調査の成否を左右する重要な要素だと言えるでしょう。

自力調査のリスクと限界

一方で、探偵に頼らず自分で浮気の証拠を掴もうとすることには、大きなリスクが伴います。

素人による尾行や張り込みは、相手に気づかれる可能性が高く、下手をすれば警察沙汰にもなりかねません。

また、プライバシーの侵害や住居侵入など、違法行為に該当するような証拠収集は絶対に避けるべきです。

そもそも自力調査には限界があります。

決定的な証拠を掴むためには、高度な調査技術と専門機材が不可欠です。

素人が見よう見まねで調査をしても、裁判で通用するような証拠を入手できる可能性は極めて低いと言わざるを得ません。

このような理由から、浮気調査は探偵に依頼することをおすすめします。

ただし、探偵選びには十分な注意が必要です。後述する選び方のポイントを押さえて、信頼できる探偵を見つけましょう。

【浮気調査の選び方】7つのチェックポイント

【浮気調査の選び方】7つのチェックポイント

探偵に浮気調査を依頼する際は、信頼できる探偵を選ぶことが何よりも大切です。

しかし、数多くの探偵事務所の中から優良な探偵を見極めるのは容易ではありません。

ここでは、浮気調査に強い探偵を選ぶための7つのチェックポイントを解説します。これらの条件を満たす探偵事務所なら、安心して調査を任せられるでしょう。

1. 探偵業届出証明書の有無を確認

信頼できる探偵事務所かどうかを見極める第一歩は、探偵業届出証明書の有無を確認することです。

探偵業を営むには、都道府県公安委員会への届出が義務付けられています。

届出を行った探偵事務所には、届出証明書が交付されます。

探偵事務所のWebサイトや広告に、届出証明書番号が記載されているかチェックしましょう。

実際に事務所に足を運んだ際は、届出証明書の掲示を確認するのも重要です。届出証明書のない探偵事務所は、違法営業の可能性があるので避けるべきでしょう。

2. 行政処分歴をチェック

探偵業法に違反した探偵事務所は、営業停止命令などの行政処分を受けます。行政処分を受けた探偵事務所は、トラブルを起こすリスクが高いと言えます。

探偵事務所に依頼する前に、過去の行政処分歴を確認しておくことが大切す。

警視庁のWebサイトでは、過去3年分の行政処分情報が公開されています。検索方法は以下の通りです。

「探偵業法に基づく行政処分 [都道府県名]」で検索

該当する探偵事務所がないことを確かめてから、依頼を検討しましょう。

3. 調査員の質と調査体制を見極める

浮気調査の成否は、調査員の質に大きく左右されます。

優れた調査員は、豊富な調査経験と高度な調査スキルを持ち、状況に応じて臨機応変に対応できます。また、チームワークの取れた調査体制も重要な要素です。

探偵事務所に相談する際は、調査員の経験や能力、調査体制について質問してみましょう。

ベテランの調査員が在籍し、必要に応じて複数の調査員で対応してくれる探偵事務所なら、より確実な証拠収集が期待できるでしょう。

4. 料金体系の透明性を重視

浮気調査の料金体系は、探偵事務所によって様々です。

中には、わかりにくい料金設定や、調査後に高額な追加料金を請求する悪質な探偵事務所もあります。

信頼できる探偵事務所は、料金体系を明確に提示し、説明してくれるはず。調査料金の内訳や、追加料金の有無についても事前に確認しておくことが大切です。

見積もりの段階で丁寧に説明してくれる探偵事務所なら、安心感が持てるでしょう。

5. 調査方法の適法性を問う

浮気調査といえども、違法行為は絶対に避けなければなりません。

GPS発信機の不正利用や、許可なく他人の敷地に侵入するような行為は論外です。

探偵事務所が調査方法について説明する際、違法行為をほのめかすようなことがないか注意しましょう。

また、プライバシーの侵害にも十分配慮する必要があります。相手のプライバシーを必要以上に侵害するような調査方法は、避けるべきでしょう。

あくまでも法律の範囲内で、適切な調査を行ってくれる探偵事務所を選ぶことが重要です。

6. 報告書の完成度をチェック

調査報告書は、浮気の決定的な証拠となるものです。

裁判でも有効な証拠として認められるためには、報告書の完成度が問われます。

調査日時や場所、調査員の名前など、必要な情報が網羅されているか、証拠写真や動画の質は十分かなど、報告書の内容をしっかりチェックしましょう。

可能であれば、事前に報告書のサンプルを見せてもらうのもよいでしょう。報告書の完成度の高さは、探偵事務所の調査能力の高さを示す指標の一つだと言えます。

7. アフターフォローの充実度を比較

浮気調査が終了した後のアフターフォローも、探偵事務所選びの重要なポイントです。

単に証拠を提供するだけでなく、その後の法的手続きや、問題解決に向けたサポートまで行ってくれる探偵事務所なら、心強い味方になってくれるでしょう。

特に、探偵事務所が弁護士と提携していれば、調査後の法的対応もスムーズに進められます。

調査完了後のアフターフォローについても、事前によく確認しておくことをおすすめします。

料金相場と内訳の目安も選び方の重要ポイント!

料金相場と内訳の目安も選び方の重要ポイント!

探偵事務所に浮気調査を依頼する際、料金はどのくらいかかるのか気になりますよね。

浮気調査の料金は、探偵事務所や依頼内容によって大きく異なります。

一般的な相場は20万円から100万円程度と幅広いですが、料金の内訳を理解し、自分のニーズに合った料金プランを選ぶことが重要です。

ここでは、浮気調査の料金体系と相場について解説します。

基本料金と諸経費の違いを理解

浮気調査の料金は、基本的に「基本料金」と「諸経費」から構成されています。

基本料金は、調査員の人件費や機材費など、調査に直接かかる費用のことを指します。一方、諸経費は、交通費、宿泊費、通信費など、調査を進める上で必要な付随的な費用を意味します。

探偵事務所によっては、基本料金に諸経費を含めて提示する場合もありますが、多くの場合は別途請求されます。

見積もりの段階で、基本料金と諸経費の内訳を明確にしてもらい、追加料金の有無についても確認しておくことが大切です。

時間制・パック制・成功報酬制の特徴

浮気調査の料金体系は、大きく分けて「時間制」「パック制」「成功報酬制」の3つに分類できます。

それぞれの特徴は以下の通りです。

時間制 調査員の稼働時間に応じて料金が発生する方式。調査時間が短ければ安く抑えられるが、長引くと高額になるリスクも。
パック制 一定の時間や日数を定額料金で設定する方式。調査が長引いても料金は変わらないが、短時間で終了しても払った分の料金は戻らない。
成功報酬制 浮気の証拠が取れた場合にのみ料金が発生する方式。リスクは低いが、証拠が取れなかった場合でも、基本料金や諸経費は支払う必要がある。

自分のニーズに合った料金体系を選ぶことが、満足度の高い調査結果につながります。

証拠の質と量による費用の違い

浮気調査の目的は、何よりも確実な証拠の入手です。しかし、求める証拠の質と量によって、必要な調査期間や人員が変わってくるため、費用も大きく左右されます。

例えば、浮気の事実確認だけなら、1回の密会の証拠で十分かもしれません。

しかし、裁判で有利に立つためには、複数回にわたる浮気の証拠が必要になるでしょう。

証拠の質と量が高ければ高いほど、それだけ調査に時間と手間がかかるため、料金も高くなる傾向があります。

だからこそ、依頼の段階で、どの程度の証拠が必要なのかを明確にし、探偵事務所と相談しながら、最適な調査プランを立てることが重要なのです。

【注意】探偵の宣伝文句に潜む罠

【注意】探偵の宣伝文句に潜む罠

探偵事務所を選ぶ際、つい目を引かれてしまうのが、華々しい宣伝文句です。

「業界最安値」「確実に証拠を掴みます」など、消費者の心をくすぐるキャッチコピーに惹かれて、安易に依頼してしまう人も少なくありません。

しかし、その宣伝文句の裏に潜む罠に気づかないと、大きなトラブルに巻き込まれるおそれがあります。

ここでは、探偵業界の宣伝文句に潜む危険性について解説します。

過剰な実績アピールを疑う

「年間〇〇件の調査実績」「調査成功率〇〇%」など、実績をアピールする探偵事務所は数多くあります。

しかし、その数字の根拠があやふやだったり、そもそも嘘の場合もあります。

実績の定義があいまいな上、第三者機関による検証もないため、鵜呑みにするのは危険です。

過剰な実績アピールは、むしろ探偵事務所の信頼性に疑問符を付ける材料と考えるべきでしょう。

実績よりも、探偵事務所の調査能力や調査員の質を吟味することが大切です。

異常に安い料金の裏側を見抜く

「〇〇万円から」「業界最安値」など、安さを全面に押し出す探偵事務所には要注意です。

確かに、料金が安ければ魅力的に感じるかもしれません。しかし、適正な調査を行うには、それ相応のコストがかかるのが実情です。

異常に安い料金を提示する探偵事務所の多くは、調査の質を犠牲にしているか、あるいは後から高額な追加料金を請求してくる可能性があります。

安さに釣られて、安易に依頼するのは避けましょう。料金の安さよりも、調査内容の充実度や透明性の高さを重視すべきです。

違法性のある調査をしていないかをチェック

中には、違法行為をほのめかすような宣伝文句を掲げる探偵事務所もあります。

「GPS発信機で確実に追跡」「盗聴器で会話を録音」など、一見、効果的な調査方法に思えるかもしれません。

しかし、これらの行為の多くは違法であり、絶対に許されるものではありません。

違法な調査によって得た証拠は、裁判でも全く意味をなしません。むしろ、依頼者自身が罪に問われるリスクすらあります。

探偵事務所の宣伝文句に、違法性のある調査方法が含まれていないか、しっかりとチェックすることが大切です。

華美な宣伝文句に惑わされず、あくまでも冷静に探偵事務所を見極める。それが、失敗しない探偵選びの鉄則と言えるでしょう。

浮気調査の契約前に最終確認したい5つの事項

浮気調査の契約前に最終確認したい5つの事項

信頼できる探偵事務所を見つけ、浮気調査の依頼を決めたら、いよいよ契約の段階です。

しかし、契約書にサインをする前に、もう一度確認しておくべき重要な事項があります。

トラブルを未然に防ぎ、安心して調査を任せるためにも、契約前の最終チェックは欠かせません。

ここでは、浮気調査の契約前に必ず確認したい5つのポイントについて詳しく解説します。

1. 探偵業法を遵守した契約書であるか

探偵業法は、探偵業務の適正化を図るための法律です。

この法律に基づき、探偵事務所は契約書に必要事項を記載し、依頼者に交付することが義務付けられています。

契約書に必ず記載すべき事項は以下の通りです。

  • 探偵事務所の名称、住所、代表者名
  • 探偵業の届出番号
  • 調査の目的と内容
  • 調査期間
  • 調査料金とその支払い方法
  • 契約の解除に関する事項
  • 秘密保持に関する事項

これらの記載が不十分な契約書は、探偵業法に違反する可能性があります。

契約書の内容をしっかりと確認し、不明点があれば質問して納得してから契約しましょう。

2. 調査内容と期間を明記しているか

契約書には、依頼する調査の具体的な内容と期間を明記する必要があります。

曖昧な記載では、のちのちトラブルに発展する恐れがあります。

例えば、「浮気の事実確認」といった抽象的な記載ではなく、「〇〇日から〇〇日までの期間、対象者の行動を尾行し、浮気の証拠を撮影する」といった具体的な内容が書かれているべきです。

また、調査期間についても、開始日と終了日を明確に記載してもらいましょう。期間が延長される場合の取り決めについても、事前に取り交わしておくことが重要です。

3. クーリングオフについて説明があるか

クーリングオフとは、一定期間内であれば無条件で契約を解除できる制度のことです。

探偵業の場合、営業所等以外の場所で契約した場合に限り、クーリングオフが適用されます。

契約書には、クーリングオフに関する事項を記載することが義務付けられています。具体的には、以下の内容です。

  • クーリングオフができる旨
  • クーリングオフの期間
  • クーリングオフの方法

これらの記載がない場合は、クーリングオフについての説明を求めましょう。

クーリングオフができるかどうかは、依頼者の権利に関わる重要な事項です。

4. トラブル発生時の責任と対応を確認

万が一、調査中にトラブルが発生した場合、探偵事務所がどのように責任を負い、対応してくれるのかを確認しておくことが大切です。

具体的には、以下のような事項を契約書に明記してもらうとよいでしょう。

  • 調査員の不法行為により依頼者に損害が生じた場合の補償
  • 調査員の怪我や事故に対する補償
  • トラブル発生時の連絡体制と対応方法

これらを事前に取り決めておくことで、トラブル発生時の混乱を最小限に抑えることができます。

5. 守秘義務について言及があるか

浮気調査は、依頼者のプライバシーに深く関わる問題です。

調査の過程で知り得た情報を、探偵事務所が第三者に漏らすようなことがあってはなりません。

そのため、契約書には探偵事務所の守秘義務について言及がなければなりません。具体的には、以下のような内容です。

  • 依頼者の個人情報の保護に関する事項
  • 調査によって得た情報の取り扱いに関する事項
  • 守秘義務違反があった場合の措置

これらが明記されていない場合は、守秘義務について補足の説明を求めましょう。依頼者のプライバシーを守ることは、探偵事務所の最も重要な責務の一つです。

以上の5つの事項が契約書に適切に記載されていれば、安心して浮気調査を任せられるでしょう。

もし不明点や不安点があれば、納得いくまで探偵事務所に説明を求めることが大切です。

信頼できる探偵を見つける方法

信頼できる探偵を見つける方法

ここまで、浮気調査を依頼する探偵の選び方について解説してきましたが、数多くの探偵事務所の中から、本当に頼りになる探偵を見つけ出すのが難しいという方もいるでしょう。

先述した通り、単に宣伝文句や料金の安さだけで判断するのは危険です。

ここでは、信頼できる探偵を見つけるための効果的な方法を3つ紹介します。

複数の探偵に相談して比較検討する

1社だけの探偵事務所に相談して即決するのは避けましょう。できるだけ複数の探偵事務所に相談し、比較検討することがポイントです。

相談の際は、以下の点に注目して、探偵事務所の対応力や信頼性を評価しましょう。

  • 相談員の知識や経験の豊富さ
  • 依頼者の状況や要望に対する理解度
  • 調査方法や料金体系の説明の明確さ
  • 質問や疑問に対する回答の的確さ
  • 全体的な印象や信頼感

複数の探偵事務所の対応を比べることで、自分に合った探偵事務所を選びやすくなります。

相談は無料のところがほとんどなので、納得いくまで何社にでも相談してみるとよいでしょう。

探偵業協会から優良探偵を紹介してもらう

信頼できる探偵を見つけるもう一つの方法は、探偵業協会から優良な探偵事務所を紹介してもらうことです。

一般社団法人日本探偵業協会は、探偵業の健全な発展と消費者保護を目的とした団体です。

加盟している探偵事務所は、一定の基準をクリアしている優良業者であると言えます。

同協会のウェブサイトでは、加盟探偵事務所の一覧が公開されています。地域や専門分野で探偵事務所を検索することもできます。

協会に直接相談することで、依頼者の状況に合った最適な探偵事務所を紹介してもらえる可能性もあります。

探偵選びに迷ったら、探偵業協会を頼るのも一つの方法です。

弁護士のアドバイスを参考にする

浮気調査の結果を離婚裁判や慰謝料請求に活用する場合は、弁護士のアドバイスを参考にするのがおすすめです。

浮気問題に強い弁護士なら、これまでの経験から、信頼できる探偵事務所を知っているはずです。弁護士から探偵事務所を紹介してもらえれば、安心感も高まります。

また、探偵選びの際のポイントについても、弁護士から的確なアドバイスがもらえるでしょう。法的な観点からの意見は、探偵選びの判断材料として非常に有益です。

弁護士のアドバイスを参考にすることで、信頼できる探偵事務所を見つけやすくなるだけでなく、調査後の法的対応もスムーズに進められます。

まとめ:正しい選び方で、納得のいく浮気調査を

まとめ:正しい選び方で、納得のいく浮気調査を

浮気調査で信頼できる探偵を選ぶためには、探偵業届出証明書の有無、行政処分歴、調査員の質、料金体系の透明性などのチェックポイントを押さえることが重要です。

また、過剰な実績アピールや異常に安い料金など、宣伝文句に潜む罠にも注意が必要でしょう。

契約前には、探偵業法を遵守した契約書であるか、調査内容と期間が明記されているかなど、5つの事項を必ず確認しましょう。

それでも探偵選びに迷ったら、複数の探偵に相談して比較検討したり、探偵業協会から優良探偵を紹介してもらったり、弁護士のアドバイスを参考にするのも効果的です。

浮気調査の成否を左右する探偵選び。信頼できる探偵を見つけるために、時間をかけて慎重に選ぶことが何より大切です。

この記事を参考に、納得のいく探偵を見つけてください。

【関連記事】合わせて読みたい

まずはお気軽に
無料相談をご利用下さい。

探偵社FUJIリサーチでは、人探し、行方調査、浮気・不倫調査、結婚詐欺調査などを承っております。

テレビ番組等への調査協力など、メディアからも信頼をいただいている独自の調査ノウハウで、皆さまのお悩み解決をサポート致します。

  • 家族が家出した。急いで居場所を探したい
  • 40年前の恩師を探してお礼を言いたい
  • 恋人が浮気をしているかも。証拠を集めたい
  • 配偶者が不倫している。離婚裁判で有利になる資料を集めたい
  • 婚約者に金銭を要求される。結婚詐欺かも?

こんなお悩みを抱えている方は、お気軽に匿名無料相談をご利用下さい。最適な調査プランのご提案、料金のお見積りを無料でご対応致します。

24時間365日、いつでも無料でご利用いただけます。

関連記事