人探し・所在調査
役立つコツを解説!人探しを自分で行う方法と、見つからない場合の選択肢

ネット検索や聞き込みなど自分で人探しをする際のコツとは?

自分で人探しをする際のコツとは

「行方不明になった家族や恋人を探したい」「旧友や恩人に連絡を取りたい」など探したい人がいる場合、まずは自力で人探しをしようと考える人もいるでしょう。

人探しの成功率を高めるためには、やみくもに探すのではなく人探しのコツを知る必要があります。

また、犯罪に巻き込まれたり警察沙汰になったりしないよう、自分で人探しをする際の注意点についても事前に確認しておかなければなりません。

この記事では、人探しを自分で行う方法やコツ、注意点を解説します。自力で探してどうしても見つからない場合の探偵・警察の選択肢についても紹介しますので、ぜひ最後までチェックしてください。

コツを掴んで自分で人探し!誰でも試しやすい手段とは

知っておくと良い人探しのコツ知っておくと良い人探しのコツ

自分で人探しをする際のコツは、ひとつの方法だけでなく色々な方法を試すことです。ひとつの方法で見つからなかったとしても、他の方法を試してみればすんなり見つかることもあるかもしれません。

ここでは、自分でできる人探しの手段、それぞれのコツを解説します。

インターネット・SNSで探すときのコツ

インターネットで人探しをする際のコツは検索エンジンを使って情報を探すだけでなく、「Twitter」や「Facebook」、「Instagram」などのSNSも活用することです。

最近ではSNSが普及しているため、対象者がSNSのアカウントを持っている可能性があります。共通の友人のフォロワーから対象者のアカウントを探す方法や、本名やニックネームなどでアカウント検索をする方法があります。

また、自分自身で人探しをしている旨をSNSに投稿し、情報提供を求めるという使い方もできます。フォロワー以外の人にも投稿を見てほしいときには、ハッシュタグに「拡散希望」「人探し」などという言葉を入れるのがコツです。

人探しに活用できるSNSの種類とそれぞれの特徴、使い方のコツは以下の表を参考にしてみてください。

SNSの種類特徴や使い方のコツ
facebook実名登録が原則なので見つけやすい 会社名や学校名からも探すのがコツ
twitter拡散力が高い リツイートで拡散してもらうのがコツ
Instagram写真の投稿から位置情報が得られる
LINE相手のアドレスや電話番号を知っていれば検索できる

人探し掲示板を使うときのコツ

インターネット上には人探し専用の掲示板があり、それらを使って情報提供を呼びかけることができます。

利用料が無料のサイトも多く、お金をかけずに気軽に書き込めるのがメリットですが、有益な情報が得られるまでに時間がかかる・嘘の情報が書き込まれるというデメリットもあります。また、掲示板に書き込む個人情報の取り扱いには充分に注意しましょう。

多くの人が利用している人探し掲示板を利用するのが、有益な情報を得るためのコツです。代表的な掲示板サイトには、以下のようなものがあります。

WebサイトURLサイト情報
尋ね人http://www.re-re.net/登録料無料の人探し専用サイト。謝礼金も設定できる。
MPS掲示板
(日本行方不明者捜索・地域安全支援協会)
http://www.mps.or.jp/行方不明の人に関する相談や捜索を行っているNPO法人による人探しの支援サイト
探偵ちゃんhttps://tantei-ch.jp/行方不明のほか、不倫・浮気、ご近所トラブルなどのお悩み掲示板。探偵を利用した人からのアドバイスなどが受けられる。

聞き込み調査のコツ

誰でもできる人探しの手段として、対象者の知人や友人、勤務先の人などに聞き込みをするという方法があります。縁のある人と関わりがあれば、有益な情報を得られるでしょう。

また、対象者の以前の住所や勤務先、よく立ち寄るお店などの周囲で聞き込みをするといった方法もあります。最新の情報が得られなかったとしても、人探しに関するちょっとした手がかりが得られるかもしれません。

聞き込みで有益な情報を得るためには、具体的な質問を心がけるのがコツです。「何か知っていることはありませんか?」という曖昧な聞き方ではなく、「最後に○○さんに会ったのはいつですか?」という風に、具体的な質問を投げかけましょう。

ビラ配りのコツ

対象者がいる地域の目安がある程度ついている場合は、人探しのビラを作成し、配布したりお店や地域の掲示板などに貼ってもらったりするのも効果的です。

ビラには、探している人の顔写真と名前や性別、年齢、身体的特徴などの基本情報と、情報提供の際の連絡先などを記載します。また、一目で見て内容が分かるように、「この人を探しています」「行方不明者 情報求む」など大きく見出しをつけるのがコツです。

ビラを地域の掲示板に掲載したい場合、各自治体に問い合わせをする必要があります。アパートやマンションなどの掲示板に掲載したい場合は、管理会社に確認を取りましょう。

住民票や戸籍附票でも情報を得られる

探している人が家族で、以前の住所が分かれば住民票や戸籍附票などを人探しの手がかりにすることができます

対象者が転居している場合、転居前の役所には「住民票の除票」が残されています。これには転出先の住所が記載されているため、人探しの有力な情報となります。

「戸籍附票」とは、戸籍が作られてから現在に至るまでの住所の移動履歴が記録されているものです。住所を変えて転々と移り住んでいるケースでも有効な手段です。こちらは本籍地の役所で取得するものなので、対象者の本籍の場所を知っている必要があります。

ただし、住民票の請求は原則として、本人または同一世帯の人、戸籍附票の請求は本人や配偶者、直系の親族(父母や子など)に限られています。その他の人では取得できないので注意しましょう。

事前に必ず確認しておくべき注意点

自分で人探しをするときの注意点自分で人探しをするときの注意点

自分で人探しをする際には、注意点があります。スムーズに人探しするために、事前に確認しておきましょう。

個人情報の取り扱いは慎重に

インターネットの掲示板やSNSを利用して人探しを行う際は、個人情報の取り扱いに充分注意が必要です。

インターネットの情報は不特定多数の人が自由に閲覧でき、また一度公開してしまった情報は簡単に削除することはできません。個人情報の流失により、ストーカーや詐欺などの犯罪に巻き込まれるリスクがあります

また、対象者のプライバシーに関わる情報を流すことで、プライバシーの侵害として自身が訴えられてしまう可能性もあるのです。

不特定多数の人に個人情報をさらしてまでも、人探しをする必要があるのかよく考えるようにしましょう。

聞き込みでは不信感を持たれないように注意

人探しで聞き込みを行う場合、相手に不信感を持たれないように注意しましょう。

急に人を探していると言われても、「詐欺ではないか」「探し出して危害を加えようとしているのでは」と疑われてしまえば、情報を提供してもらえません。最悪の場合不審者として、警察沙汰になることも考えられるでしょう

初対面の人・知人どちらに聞き込みする場合でも、失礼に当たらないよう最低限の礼儀が必要です。初対面の人物ではなおさら、まずは自分の名前を名乗り、挨拶や感謝の言葉を忘れないようにしましょう。誠実な印象を与えるために、ジャケットやスーツなど清潔感のある服装がベストです。

自分で探すと時間や手間がかかる

自分で人探しをする以上、探偵や警察に依頼した場合に比べて時間や手間がかかることを覚悟しましょう

聞き込み調査やビラ配りなどは地道な作業になりますし、有益な情報を得られるとは限りません。また、得られた情報が全て真実とも限らないのです。

インターネットの掲示板やSNSなどの場合、冷やかしで嘘の情報を流してくる人もいます。情報が正しい情報なのか、一つひとつ調査して見極める手間も必要です。

さらに人探し調査は時間が経てば経つほど、情報が古くなり人探しの成功率が下がります。対象者を早く見つけ出したいのであれば、自分で探すだけでなく他の選択肢も検討してみましょう。

見つからない場合の選択肢は、探偵または警察へ相談

見つからない場合の選択肢見つからない場合の選択肢

自力で探しても見つからない場合や、一刻も早く見つけ出したい場合は、探偵や警察に相談する選択肢も検討しましょう。

探偵・警察それぞれに人探しを依頼する方法を解説します。

警察

家族が行方不明、トラブルに巻き込まれたなど、事件性があると考えられるケースでは、速やかに警察に相談しましょう

警察に行方不明者届を提出して、事件性があると判断されれば捜索を行ってもらえます。事件性がないと考えられる家出などでは積極的には捜索を行ってもらえませんが、行方不明届が出されれば警察のデータに記録が残ります。

まずは警察に届けを出した上で、自分でも調査をするのが安全に人探しをするためのコツです。

ただし、「連絡を取りたい友人がいる」「恩師に感謝を伝えたい」といったケースでは警察を頼ることはできません。このようなケースの場合、探偵への相談を検討すると良いでしょう。

探偵

探偵事務所・興信所の場合、家出などの行方不明者をはじめ、警察が動かないような以下のような人探し調査も依頼可能です。

  • 恩師や初恋の相手など住所不明の人を探したい
  • お金を貸した相手と連絡を取りたい
  • インターネットで出会った友人が現在何をしているか知りたい
  • 事故のときに助けてくれた見知らぬ人にお礼を言いたい

犯罪やDV目的でない限り、どんな案件でも引き受けてくれるのが探偵事務所・興信所のメリットです。自力で探す方法と違って費用が必要になりますが、独自のデータベースや調査手段を使い、スピーディに人探しを成功に導いてくれるでしょう。

自力で探そうと時間をかけすぎると、時間が経ってしまい見つからなくなる可能性が高まります。自力では無理だと感じたら、早めに探偵に相談するのも成功率を高めるコツです。

多くの探偵事務所・興信所では無料相談を受け付けています。まずは無料相談で料金や調査方法などを確認し、実際に依頼するか検討してみると良いでしょう。

まとめ:人探し成功のコツは、適切な手段で早く対応すること

自分で人探しをする手段は、インターネットやSNSを使った方法や聞き込み、ビラ配りなど様々な方法があります。

しかし自力の人探しは手間も時間もかかり、時間が経てば経つほど人探しの成功率は低くなります。

人探し成功のコツは、適切な手段で早く対応することです。事件性がある場合は警察に速やかに相談しましょう。警察が動いてくれないような案件の場合は、探偵事務所・興信所に依頼することで、スピーディに調査を開始してくれます。

人探しの内容や状況に合わせて、適切な方法をとるようにしてください。

まずはお気軽に
無料相談をご利用下さい。

探偵社FUJIリサーチでは、人探し、行方調査、浮気・不倫調査、結婚詐欺調査などを承っております。

テレビ番組等への調査協力など、メディアからも信頼をいただいている独自の調査ノウハウで、皆さまのお悩み解決をサポート致します。

  • 家族が家出した。急いで居場所を探したい
  • 40年前の恩師を探してお礼を言いたい
  • 恋人が浮気をしているかも。証拠を集めたい
  • 配偶者が不倫している。離婚裁判で有利になる資料を集めたい
  • 婚約者に金銭を要求される。結婚詐欺かも?

こんなお悩みを抱えている方は、お気軽に匿名無料相談をご利用下さい。最適な調査プランのご提案、料金のお見積りを無料でご対応致します。

24時間365日、いつでも無料でご利用いただけます。

関連記事