人探し・所在調査
仲の良かった同級生と再会したい。探偵に人探しを依頼すれば見つかる?

同級生を見つける人探し調査をする方法

探偵事務所に同級生の人探しを依頼する

ある程度年齢を重ねたときに、「あの子は元気かな」「会って話をしたいな」と思いをはせることがあります。

幼少期の友人や同級生などともう一度会いたいという場合は、探偵事務所・興信所の利用がおすすめです。

この記事では、同級生の人探しを行うポイントや費用相場について解説していきます。

探偵事務所・興信所では同級生の人探し調査も対応している

同級生の人探しは探偵事務所に依頼できる同級生の人探しは探偵事務所に依頼できる

探偵事務所・興信所では、家族や恋人といった身近な相手だけでなく、初恋の相手や学生時代の同級生を探したいといった依頼にも対応しています。

まずは、探偵事務所・興信所で依頼できる人探しとできない人探しの違いについて詳しく見ていきましょう。

探偵事務所・興信所に依頼できるケース・できないケース

探偵事務所・興信所での対応が可能なケースとして、以下のようなものが挙げられます。

  • 家出・失踪した家族を探したい
  • 恋人と連絡がとれなくなり、居場所を知りたい
  • 金銭の貸し借りがある相手に逃げられてしまった
  • 幼少期の友人・同窓会と再会したい
  • 旅先で親切にしてくれた人にお礼がしたい など

警察の場合は基本的に事件性のある案件しか対応しませんが、探偵事務所・興信所ならちょっとした人探しでもすぐに調査をはじめてくれます。

データ調査や聞き込み調査の経験が豊富な“人探しのプロ”が調査にあたるため、警察よりも高い成功率で人探しを行えるケースも多いです。

一方、探偵事務所・興信所では対応ができない依頼内容として、以下のようなものがあります。

  • DVやストーカーの加害者が被害者を探す場合
  • 個人情報の取得・流出を目的としている場合
  • 出身地・国籍・宗教的な差別につながる場合

犯罪につながるリスクのある依頼や、調査対象に何らかの不利益がある依頼については、探偵事務所・興信所に相談しても断られることがほとんどです。

またこういった依頼を積極的に受けている探偵事務所・興信所は悪質業者である可能性が高いので避けるようにしましょう。

同級生の人探しとしてよくある事例

同級生人探しに関連する依頼として、よくあるケースには以下のようなものがあります。

  • 卒業してから関係が疎遠になってしまった同級生に会いたい
  • 喧嘩別れになってしまった同級生に会って謝りたい
  • 同窓会の開催に合わせて、連絡先の分からない同級生に案内を送りたい
  • ある時から音信不通になった同級生の現状が気になる
  • 在学中に連絡先を聞けないまま転校してしまった同級生と再会したい
  • 部屋の整理中に同級生から借りていたものが見つかったので返したい など

単に学生時代の友達が元気にしているか気になるというケースから、同窓会などの集まりで連絡先が必要になったというケースなど、依頼内容や事情は様々です。

犯罪につながる内容でない限り、探偵事務所・興信所へ依頼すればしっかりと調査を行ってくれるでしょう。

同級生探しを依頼する際に必要な費用相場

人探しを探偵に依頼する際の非硫黄人探しを探偵に依頼する際の非硫黄

探偵事務所・興信所へ同級生人探しを依頼する場合、難易度に応じた費用の支払いが必要となります。

続いて、探偵事務所・興信所における人探し調査の料金体系・相場について詳しく見ていきましょう。

探偵事務所・興信所の料金体系

探偵事務所・興信所では、一般的に「着手金」と「成功報酬」という2種類の費用でプランが組まれています

着手金とは人探し調査にかかる基本料金のことで、依頼の成功・失敗にかかわらず、契約成立の段階で前払いすることが多いです。

また成功報酬とは、「連絡先を知りたい」「会って話したい」といった依頼時の目的を達成した場合に追加で支払う報酬を指します。

同級生人探しを行う場合に提案されることの多い料金体系は以下の2種類です。

着手金+成功報酬型

一般的な人探し調査では、着手金と成功報酬を組み合わせたプランが適用されます

着手金は固定料金となっているところが多いですが、中には調査期間・人数に応じて価格が変動する「タイムチャージ制」を採用しているケースもあります。

こちらは調査が長引くほど料金も高くなってしまうので、事前に予算を伝えておくか、もしくは固定料金で依頼できる探偵事務所・興信所を選ぶようにすると良いでしょう。

完全成功報酬型

人探しの成功率が高いと予想される依頼については、着手金なしの完全成功報酬型が適用される場合もあります

同級生の人探しは名前や実家の所在地が分かっている場合も多く、難易度としては比較的低いため、成功報酬のみで費用計算を行うケースも珍しくありません。

こちらは依頼を達成できなかったときに費用を支払わなくて済む一方、通常のプランよりも成功報酬額が割高に設定されている場合も多いので、しっかりと比較することが大切です。

同級生の人探しにおける費用相場

探偵事務所・興信所における人探しの料金は、依頼の難易度によって変動する仕組みとなっています。

難易度ごとのおよその費用相場は以下の通り。

プラン 着手金 成功報酬
難易度A 5~10万円 5~10万円
難易度B 10~20万円 10~20万円
難易度C 20~50万円 20~30万円
難易度D 50~100万円 30~50万円

家族や恋人などの身近な相手を探す場合は、相手に関する正確な情報を早期かつ大量に入手できるため、人探しの難易度としては低くなります。

一方、昔の知人や旅先で出会った名前も知らない相手を探すといった場合は、情報収集にかかる労力が大きくなるため調査料金も高くなりやすいです。

また探偵事務所・興信所の規模によっても、以下のように依頼料金が変わってくる場合があります。

大手探偵事務所 100~200万円 ※親族以外の人探し調査は引き受けないことも
中小探偵事務所 50~100万円
個人探偵事務所 10~50万円

※着手金+成功報酬の合計

大手の探偵事務所・興信所の場合、家族・親族の人探し以外は受け付けていないというところも多いです。

そのため、同級生人探しを依頼したい場合は、個人または中小規模の探偵事務所・興信所へ相談してみることをおすすめします。

人探し調査前に用意しておくと良い情報

同級生を探す際に用意しておくべき情報同級生を探す際に用意しておくべき情報

同級生人探しを依頼する際は、あらかじめ調査相手に関する情報を整理しておくことが大切です。

ここからは、探偵事務所・興信所に相談する前準備として、チェックしておいた方が良い情報の種類を見ていきましょう。

同級生の人探しで必要となる情報

同級生人探しをスムーズに進めるには、以下の情報を探偵事務所・興信所のスタッフに提示できることが望ましいです。

  • 相手の氏名(漢字+フリガナ)
  • 卒業名簿などに記載されている実家の住所
  • 生年月日または生まれ年
  • 保護者や兄弟の名前

同級生人探しであれば、あらかじめ相手の名前や当時の住所が分かっていることが多いです。

また卒業アルバムなど本人の顔写真が掲載されている資料がある場合は、合わせて提供できるようにしておくと良いでしょう。

その他の成功率アップにつながる情報

上記の内容に加えて、以下のような情報を提供できると人探しの成功率は更に高まります。

  • 携帯電話の番号
  • 勤務先・所属している団体
  • 交友関係・親戚の情報
  • SNSのアカウント など

また相手の正確な名前が分からない、最後に会ってから時間が経っているという場合でも、以下のような情報が分かれば相手を特定できる可能性があります。

  • 身長・体重やその他身体的特徴
  • あだ名やSNSのハンドルネーム
  • 最後に出会った場所と状況
  • 趣味・行きつけのお店 など

同級生人探しは比較的難易度の低い案件ですが、当時の資料が残っていない場合や、相手の情報が不確かな場合には時間がかかってしまうこともあります。

「この情報は必要ないかも?」と思うものでも調査に役立つことがあるので、伝えられる範囲で伝えておくようにしましょう。

本名さえ分かれば自分でも探せる?自力の調査で気をつけるべき点

自分の力で同級生の人探しをする際の注意点自分の力で同級生の人探しをする際の注意点

相手の名前や実家の住所が分かっているのであれば、自分でも同級生を探すことができると考える方もいるかもしれません。

しかし、自分で同級生人探しを行う場合は、個人情報の取り扱いなど注意しなければならない点もあります

最後に、自分で同級生を探す場合のメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

自分で同級生の人探しを行うメリット

自分で同級生を探すメリットとしては、人探しの費用を安く抑えられるという点が挙げられます。

電話帳やゼンリン住宅地図を利用する場合は多少の費用がかかりますが、インターネットでSNSのアカウントなどを検索するだけなら無料で調査できます

探偵事務所・興信所の場合は安くても数万円以上かかるので、予算を工面できない場合は自力での調査も1つの方法です。

個人情報の取り扱いに注意が必要

同級生人探しを行う場合、相手の個人情報の取り扱いにはより慎重な判断が求められます

意図的に家出した家族や音信不通になった恋人などとは違い、相手側に「自分が探されているかもしれない」という考えがないからです。

見つけたいという気持ちが先行し、SNSなどに相手の情報を書き込んでしまうと、身近な人以外にも情報が広まる可能性があります。

また、あなたが同級生のことを探しているという噂が流れ、悪意のある第3者がなりすまして近付くといった危険性も。

本人が気付いたときにはすでに自分の情報があちらこちらに出回っているという状態になり、最悪の場合は訴訟などに発展するケースもあるので注意しましょう。

相手の事情によってはトラブルに巻き込まれるリスクも

調査相手が何らかのトラブルに巻き込まれて連絡が取れない状況となっている場合、個人で調査を進めると自分までトラブルに巻き込まれる可能性があります。

「軽い気持ちで人探しをはじめたら、いつの間にか大事になっていた」というケースも少なくないので、リスクを避けるためにも探偵事務所・興信所への依頼がおすすめです。

まとめ

今回は、同級生を探す際の人探し調査について解説しました。ポイントをまとめると下記のとおりです。

  • 探偵事務所・興信所では同級生の人探し調査の依頼も可能
  • 同級生の人探しを依頼する際は、相手の氏名や当時の住所といった正確な情報を提供できるとスムーズ
  • 自力での調査は個人情報の取り扱いなどがシビアになるため、予算を決めたうえで探偵事務所・興信所を利用するのがおすすめ

人探しの依頼を迷っている間にも時間は過ぎていき、調査の難易度は高くなっていってしまいます。

同級生や幼馴染、友達などを探したいという場合は、なるべく早めに探偵事務所・興信所へ相談してみましょう。

まずはお気軽に
無料相談をご利用下さい。

探偵社FUJIリサーチでは、人探し、行方調査、浮気・不倫調査、結婚詐欺調査などを承っております。

テレビ番組等への調査協力など、メディアからも信頼をいただいている独自の調査ノウハウで、皆さまのお悩み解決をサポート致します。

  • 家族が家出した。急いで居場所を探したい
  • 40年前の恩師を探してお礼を言いたい
  • 恋人が浮気をしているかも。証拠を集めたい
  • 配偶者が不倫している。離婚裁判で有利になる資料を集めたい
  • 婚約者に金銭を要求される。結婚詐欺かも?

こんなお悩みを抱えている方は、お気軽に匿名無料相談をご利用下さい。最適な調査プランのご提案、料金のお見積りを無料でご対応致します。

24時間365日、いつでも無料でご利用いただけます。

関連記事