浮気調査
浮気・不倫の証拠がない!証拠の集め方ややってはいけないことを解説

浮気・不倫の証拠がない...

浮気・不倫の証拠がない!証拠の集め方ややってはいけないことを解説

パートナーの浮気を理由に慰謝料・離婚の請求を行う場合は、浮気や不貞行為を示す確固たる証拠が必要です。

この記事では、浮気の証拠として使えるもの・使えないものの一覧と、証拠がないときの集め方を解説しています。

不倫・浮気の証拠がない状態で慰謝料請求をしても認められない可能性があるので、パートナーの浮気が疑われる場合は、しっかりと証拠を掴んだうえで次のステップへ移れるようにしましょう。

証拠がないと浮気・不倫での慰謝料請求は難しい

夫または妻が浮気・不倫をしていると気付いた場合でも、確実な証拠がなければ慰謝料請求は難しいとされます。

まずは、慰謝料請求を行ううえで証拠が必要になる理由と、証拠が少ない場合の対応について詳しく見ていきましょう。

慰謝料・離婚を請求するには確実な証拠が必要

パートナーの浮気・不倫が明らかであるとしても、不貞行為の証拠がなければ事実を証明することができません。

パートナーや浮気相手が不貞行為を認めず、かつ証拠もないとなると、それ以上の追求が難しいからです。

この場合、裁判をしても負けてしまったり、慰謝料請求・離婚請求が認められなかったりする可能性があります。

証拠がない状態でも慰謝料請求自体は可能ですが、請求をきちんと通したい場合は証拠が必須と言えるでしょう。

浮気・不倫の証拠としては、パートナーと浮気相手との肉体関係を証明できるものが望ましいです。

具体的な証拠品の一覧は次章で解説しているので、引き続き内容をチェックしてみてください。

示談(話し合い)による慰謝料請求という選択肢もある

慰謝料請求の裁判を起こす場合には、裁判官を納得させるための確かな証拠が必要となります。

しかし、浮気相手との話し合いによって慰謝料の有無を決める場合には、裁判で求められるレベル(例:不貞行為の瞬間を収めた写真など)の証拠がないケースでも請求が通る可能性があるのです。

とは言え、相手が浮気・不倫を認めざるを得ない証拠や、言い訳・言い逃れできない程度の証拠は必要です。

また浮気相手が弁護士を付けている場合は、相手側の弁護士に不貞行為の事実を証明する必要が出てくるため、やはり証拠がないよりはあった方が有利に進められるでしょう。

いずれにしても、勘や憶測だけで慰謝料請求を行ったり、責任を追及したりすることは控えなければなりません。

不貞行為を証明できるもの・できないもの

パートナーの浮気・不倫を原因として慰謝料請求や離婚請求を行う場合、具体的にどのようなものが証拠として使えるのでしょうか。

続いて、浮気の証拠として使えるもの・使えないものの一覧とその理由について解説していきます。

証拠になるもの

浮気・不倫の証明に用いることのできる証拠には、以下のようなものが挙げられます。

証拠品証拠の内容証拠力の強さ
調査報告書探偵事務所・興信所による浮気調査の報告書
メール・SNS肉体関係があったと推測される内容
通話記録肉体関係があったと推測される通話の記録
写真・動画ラブホテルに出入りしている写真・不貞行為の写真または動画
浮気・不倫の自白音声当人が浮気・不倫の事実を認めた自認所や録音データ
領収書肉体関係があったと推測される領収書(ラブホテルなど)
不貞行為のための道具避妊具・性交渉に用いる道具など
産婦人科の診療明細書妊娠・堕胎がわかる資料
クレジットカードの明細肉体関係があったと推測される履歴(ラブホテルなど)
カーナビの履歴不倫相手の家付近の場所が履歴に残っている場合
GPSの記録不倫相手の家付近を行き来している記録が残っている場合
手帳・日記デートの記録や内容
第三者の証言浮気・不倫の現場を目撃した人からの証言

このように、パートナーと浮気相手が親密な関係にあったことを証明できるアイテムが証拠として有効です。

また単体では証拠力の弱いアイテムでも、複数組み合わせることで慰謝料請求が認められるケースもあるため、証拠集めで困ったときにはチェックしてみましょう。

証拠にならないもの

一方で、以下のような記録・アイテムは、慰謝料請求の証拠としては認められにくいと考えられます。

  • 業務メール・日常のメールなど、肉体関係が確認できないメールまたはSNSの投稿
  • 電話をしていた履歴(通話内容が分からないもの)
  • レストランやショッピング、ビジネスホテルへの宿泊など、肉体関係が確認できない領収書・明細・履歴 など

慰謝料請求の裁判においては、パートナーと浮気相手の不貞行為の証明が重要となるため、日常的なやり取りの記録のみでは証拠として弱いと言えるでしょう。

パートナーの浮気が疑われる段階でこれらの状況証拠しか用意できない場合は、次に紹介する方法で証拠集めを行うのがおすすめです。

浮気・不倫の証拠を集める方法と注意点

浮気・不倫の確実な証拠を持っていない場合は、慰謝料請求の前に証拠集めを行うことをおすすめします。

証拠集めの手段は主に「自分で調査する方法」と「探偵事務所・興信所に依頼する方法」の大きく2種類があり、それぞれの具体的なやり方は以下の通りです。

自分で浮気調査を行う

自分で浮気調査を行う場合、以下のような方法が有効です。

  • スマートフォン・携帯電話の中身をチェック
  • 財布や手帳など身の回りのものをチェック
  • 彼氏・彼女の知人に探りを入れる
  • GPS・尾行によって浮気現場を突き止める など

セルフでの浮気調査は費用を抑えられる一方、精神的・体力的な負担が大きいというデメリットがあります。

また調査途中でパートナーに勘付かれるリスクもあるため、慎重な調査が必要となるでしょう。

より詳細な浮気調査のやり方・必要なものなどは「浮気調査を自分でやる!プロの探偵が調査方法と2つのリスクを徹底解説」で解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

探偵事務所・興信所に浮気調査を依頼する

自分で浮気調査を進めることが難しい場合、また確実な証拠を掴みたい場合には、探偵事務所・興信所へ浮気調査を依頼するのがおすすめです。

探偵事務所・興信所では、尾行・張り込み・聞き込み・写真撮影といったスキルを駆使して、パートナーおよび浮気相手の行動を記録します。

また調査後は「調査報告書」という形で記録をまとめた資料が交付され、こちらは裁判の際の強力な証拠として活用することができます。

探偵事務所・興信所を利用するための費用がかかるものの、慰謝料請求や離婚請求を有利に進めるうえで大きな力となってくれるでしょう。

探偵事務所・興信所に浮気調査を依頼するときの具体的な手順・費用については、以下の記事で詳しく紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

探偵の浮気調査ってどんなもの?方法・料金をプロが完全公開!

証拠集めをするときの注意点

自分で浮気調査を行うときや、探偵事務所・興信所を探すときには、以下の点に注意が必要です。

改ざん・捏造を行わない

浮気・不倫の証拠が見つからないからと言って、自分で偽物の情報を作り出すのはNGです。

不正が発覚した場合は慰謝料請求が認められなくなり、逆に自分が訴えられてしまう可能性もあるでしょう。

またデジタルデータによる証拠は加工や改ざんを行いやすいとして、証拠力がやや弱くなりがちです。

他の証拠を組み合わせたり、加工できない形で記録したりするなど、証拠集めの方法を工夫するようにしましょう。

違法行為による証拠集めを行わない

以下のような調査方法は違法行為にあたり、証拠として認められない可能性が高いため注意が必要です。

  • パートナーの部屋や持ち物(カバンの中など)に盗聴器を仕掛ける
  • 浮気相手の住居に侵入したり、相手宅にカメラを設置したりする
  • スマホ・共用ではないパソコンのパスワードを勝手に解錠する
  • 日記や手帳などを盗み、証拠として勝手に提出する など

これらは盗撮や住居侵入罪、プライバシーの侵害といった犯罪につながる行為であり、証拠を改ざんした場合と同様、逆に自分が罪に問われてしまうので注意しましょう。

またこういった強引な調査方法を行う探偵事務所・興信所を利用するのも避けた方が安全です。

まとめ

浮気や不倫が発覚した場合には、相手の不貞行為を証明する確固たる証拠があることで慰謝料請求・離婚請求を有利に進められます。

とは言え、浮気の証拠を集めるのは簡単ではなく、自力で調査する場合には時間も労力もかかります。

確実な証拠を効率的に集めるためにも、まずはお近くの探偵事務所・興信所へ相談してみるのがおすすめです。

また探偵事務所・興信所に浮気調査を依頼する際は、違法な調査を行っていないことを確認したうえで契約を結ぶようにしましょう。

まずはお気軽に
無料相談をご利用下さい。

探偵社FUJIリサーチでは、人探し、行方調査、浮気・不倫調査、結婚詐欺調査などを承っております。

テレビ番組等への調査協力など、メディアからも信頼をいただいている独自の調査ノウハウで、皆さまのお悩み解決をサポート致します。

  • 家族が家出した。急いで居場所を探したい
  • 40年前の恩師を探してお礼を言いたい
  • 恋人が浮気をしているかも。証拠を集めたい
  • 配偶者が不倫している。離婚裁判で有利になる資料を集めたい
  • 婚約者に金銭を要求される。結婚詐欺かも?

こんなお悩みを抱えている方は、お気軽に匿名無料相談をご利用下さい。最適な調査プランのご提案、料金のお見積りを無料でご対応致します。

24時間365日、いつでも無料でご利用いただけます。

関連記事