コラム
第1位は浮気調査!探偵への依頼内容で多いものランキングTOP5を徹底解説

探偵への依頼内容ランキング第1位はやっぱり浮気・不倫調査!

第1位は浮気調査!探偵への依頼内容で多いものランキングTOP5を徹底解説

浮気調査から行方不明者の捜索まで、探偵への依頼内容は多岐にわたりますが、その中でも特に多いものがあります。

この記事では、探偵への依頼内容で特に多いものをランキング形式で紹介します。

TOP5の依頼内容を詳しく解説するとともに、各調査の特徴や注意点、そして探偵選びのポイントまでを詳しく解説。

探偵の利用を検討されている方はもちろん、現代社会の縮図とも言える探偵への依頼内容に興味がある方にも、有益な情報をお届けしますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

株式会社ワンプロテクト 代表取締役

記事の監修担当者:
髙村 一成 氏

人探し・浮気調査・企業調査などを専門として行うプロ集団「FUJIリサーチ」の代表。アドバイザー・企画課・機動課の3つのチームを構成し、これまで累計3000件以上もの調査を成功させてきた。

探偵への依頼内容で多いものランキングTOP5

探偵への依頼内容で多いものランキングTOP5

探偵への依頼内容は多岐に渡りますが、その中でも最も多いランキング上位5位を紹介します。

ランキング 依頼内容
第1位 浮気・不倫調査
第2位 家出人・行方不明者の行方調査
第3位 結婚前調査(身辺調査)
第4位 ストーカー調査・対策
第5位 盗聴・盗撮調査

依頼内容ランキング第1位は浮気・不倫調査です。

ここでは、ランキングそれぞれの内容について詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

第1位 浮気・不倫調査

探偵への依頼内容ランキング1位はやはり浮気・不倫調査です。配偶者や恋人の不貞行為を証明するための調査です。

浮気・不倫調査では、対象者の行動パターンを把握し、尾行や張り込みを通じて不貞行為の証拠を収集します。

主に写真や動画による記録、不審な場所への出入りの確認、場合によっては関係者への聞き込みなども行われます。

調査の目的は、裁判での証拠提出や、真実の解明による精神的な決着をつけることなどが多いです。

料金体系は主に時間制、パック制、成功報酬制の3種類のプランがあります。

時間制は調査時間に応じて料金が決まり、パック制は一定期間の調査をパックとするものです。成功報酬制は証拠が得られた場合のみ費用が発生する仕組みです。

基本料金は10万円から30万円程度で、1日(8時間)の調査で8万円から15万円ほどです。1週間程度のパック料金では30万円から50万円が一般的です。

第2位 家出人・行方不明者の行方調査

家出人・行方不明者の行方調査も、探偵への依頼内容ランキング上位です。

行方調査は、家族や友人、知人が突然姿を消した際に依頼されることが多く、その理由は様々です。

借金や仕事のトラブル、家庭内の問題など、複雑な背景が絡むケースも少なくありません。

探偵は、まず対象者の最後の目撃情報や携帯電話の使用履歴、クレジットカードの利用状況などから調査を開始します。

また、対象者の知人や職場への聞き込み、SNSの活動状況の確認なども行います。

場合によっては、防犯カメラの映像分析や、対象者がよく利用していた場所での張り込みなども実施するケースもあります。

捜索の難易度は依頼内容によって大きく異なりますが、探偵なら、経験と専門的なスキル、そして広範なネットワークを活用することで、一般の人には難しい捜索が可能です。

第3位 結婚前調査(身辺調査)

探偵への依頼内容ランキング第3位は結婚前調査、または身辺調査です。結婚を考えている相手の素性や背景を詳しく調べます。

この調査は、結婚詐欺や隠し事のリスクを結婚前に調べることができ、安心して結婚生活を始めるために行われます。

主な調査内容には、対象者の本当の氏名や年齢、学歴、職歴の確認があります。

また、現在の職業や収入状況、資産状況、借金の有無なども調べられます。

さらに、前科や前歴の有無、健康状態、生活習慣、交友関係などが調査の対象となるケースもあるのです。

調査方法としては、公開情報の収集や関係者への聞き込み、必要に応じて尾行や張り込みなども行われます。

結婚調査は、単に疑念を晴らすだけでなく、相手をより深く理解し、将来のリスクを軽減できるものです。

調査結果の解釈や活用の方法は慎重に検討し、相手との信頼関係を損なわないよう配慮することをおすすめします。

第4位 ストーカー調査・対策

依頼内容ランキング第4位はストーカー調査。ストーカー被害を受けている方の安全を守り、精神的な苦痛を軽減するために行われます。

探偵によるストーカー調査では、まずストーカーの特定と証拠収集が行われます。

不審な人物の尾行や張り込み、防犯カメラの映像分析、SNSなどのオンライン活動の調査によって証拠を集めていくのです。

また、ストーカーからの脅迫メールや電話の記録、付きまとわれた際の写真や動画など、法的措置を取るための証拠も収集します。

さらに、被害者の安全確保のため、自宅や職場周辺の警戒、安全な移動ルートの提案、緊急時の対応策の策定などを行うケースも。

必要に応じて、警察や弁護士との連携も探偵がサポートします。

第5位 盗聴・盗撮調査

依頼内容ランキング第5位の盗聴・盗撮調査は、プライバシーの侵害や情報漏洩の疑いがある場合に行われる専門的な調査です。

近年、技術の発展により盗聴器や隠しカメラの小型化と高性能化が進んだことで、一般の人が発見することが難しくなっています。

これにより、専門的な知識と機器を持つ探偵の需要が高まったことで、依頼内容ランキングの上位に。

探偵は、まず対象となる場所(自宅、オフィス、車内など)を調査します。

専用の探知機を使用して電波を検出したり、赤外線カメラで隠しカメラのレンズを発見したりします。

また、電気配線や家具、電化製品なども詳細にチェックします。

盗聴・盗撮の証拠が見つかった場合は、探偵はその回収と分析を行い、設置者の特定を試みます。同時に、法的対応のための証拠保全まで実施してくれるのです。

また、盗セキュリティシステムの提案や、日常生活での注意点の指導など、盗聴・盗撮を防ぐための対策アドバイスも行います。

調査できない依頼内容もある点に注意!

調査できない依頼内容もある点に注意!

探偵業務には法的・倫理的な制限があり、全ての依頼を受けられるわけではありません。

以下のような依頼内容を探偵に依頼することはできませんのでご注意ください。

探偵が受けられない依頼内容 具体例
違法行為の依頼 犯罪行為への加担や違法な情報収集方法の使用
プライバシーの過度な侵害 正当な理由のない個人情報の収集や公共の場以外での無断撮影
公序良俗に反する調査 ストーカー行為につながる依頼や差別的な目的での調査
法的権限を超える調査 通信の秘密を侵害する行為や令状なしの家宅捜索に相当する行為
探偵の安全を脅かす依頼 危険な犯罪組織に関する調査や生命の危険が伴う状況での調査

探偵は依頼内容を慎重に検討し、必要に応じて依頼内容の修正や拒否を行います。

また、探偵には守秘義務があり、調査結果を第三者に漏らすことはできません。依頼者側でも調査結果の取り扱いには注意が必要です。

信頼できる探偵事務所は、対応できない依頼内容の制限を明確に説明し、適切な範囲内で効果的な調査を提案します。

依頼前には必ず調査内容の適法性と倫理性を確認し、探偵と十分なコミュニケーションを取ることが重要です。

【ポイント】事務所によって得意な調査の内容が異なるため、自分に合った探偵を探すことが重要

【ポイント】事務所によって得意な調査の内容が異なるため、自分に合った探偵を探すことが重要

探偵事務所は一見すると似たようなサービスを提供しているように見えますが、実際には各探偵事務所が特色を持ち、得意とする調査領域が異なります。

このため、依頼者が自分の依頼内容に最も適した探偵を選ぶことが、調査の成功率を高め、満足度の高い結果を得るための最も重要なポイントです。

例えば、浮気調査に特化した事務所は、尾行や張り込みの技術に長けていたり、証拠収集のノウハウが豊富だったりします。

一方、企業調査関連の依頼内容を得意とする探偵事務所は、財務分析や業界動向の把握に強みを持っていることがあります。

また、ストーカー調査に力を入れている探偵事務所は、被害者の精神的なケアまで含めた総合的なサポートを用意しているところが多いです。

依頼者は、自分の依頼内容と調査の目的を確認した上で、以下の点を考慮して探偵事務所を選ぶことが大切です。

  1. 事務所の専門性と自分の依頼内容に似た過去の実績
  2. 調査員の経験と資格
  3. 使用する調査機器や技術の先進性
  4. 料金体系の透明性
  5. 報告書の精度
  6. アフターフォローの充実度

さらに、初回相談時の対応や、依頼者の状況に対する理解度も重要な判断基準となります。

そのため、契約前に複数の探偵事務所に相談して見積もりを取ってもらい、比較検討することで、どこが自分に最適なのかを考えましょう。

自分の依頼内容に一番強い探偵を見つけることが重要です。

適切な探偵選びは、調査の質と効率を大きく左右します。

時間とコストをかけて行う調査だからこそ、自分の依頼内容に合った専門家を慎重に選ぶことが、成功への近道となるのです。

依頼が多い調査内容ランキングまとめ:まずは無料相談をご利用ください。

依頼が多い調査内容ランキングまとめ:まずは無料相談をご利用ください。

探偵への依頼内容ランキングは、現代社会の課題や人々の不安をも反映していると言えます。

依頼内容ランキング第1位の浮気・不倫調査を筆頭に、家出人の行方調査、結婚前調査、ストーカー調査、盗聴・盗撮調査がランクイン。

どれも個人の生活や安全に直結する重要な問題に対処するものです。

ただし、探偵業務には法的・倫理的な制限があり、全ての依頼を受けられるわけではありません。

違法行為やプライバシーの過度な侵害、公序良俗に反する調査などは厳しく禁止されています。

探偵サービスを利用する際は、依頼内容の適法性と倫理性を自分でできる限り確認し、信頼できる探偵社を選ぶことが重要です。

また、調査結果の取り扱いにも注意が必要です。これらを踏まえた上で、依頼内容を今一度確認してみましょう。

以下の記事では、人気の大手探偵事務所を紹介しています。探偵事務所をお探しの方はぜひ参考にしてみてください。

大手探偵事務所・興信所おすすめ6選!浮気調査の依頼ならここがおすすめ
大手探偵事務所・興信所おすすめ6選!浮気調査の依頼ならここがおすすめ 探偵事務所は令和5年時点で全国に約7,000件あります。(7,027件:令和5年中における探偵業の概況 警察庁生活安全局生活安全企画…

まずはお気軽に
無料相談をご利用下さい。

探偵社FUJIリサーチでは、人探し、行方調査、浮気・不倫調査、結婚詐欺調査などを承っております。

テレビ番組等への調査協力など、メディアからも信頼をいただいている独自の調査ノウハウで、皆さまのお悩み解決をサポート致します。

  • 家族が家出した。急いで居場所を探したい
  • 40年前の恩師を探してお礼を言いたい
  • 恋人が浮気をしているかも。証拠を集めたい
  • 配偶者が不倫している。離婚裁判で有利になる資料を集めたい
  • 婚約者に金銭を要求される。結婚詐欺かも?

こんなお悩みを抱えている方は、お気軽に匿名無料相談をご利用下さい。最適な調査プランのご提案、料金のお見積りを無料でご対応致します。

24時間365日、いつでも無料でご利用いただけます。

関連記事