浮気調査
探偵の浮気調査はプライバシーの侵害?自分で調べる場合の注意点も紹介

探偵による浮気調査や素行調査は基本的に合法であるため、プライバシーの侵害にはならない

探偵の浮気調査はプライバシーの侵害?自分で調べる場合の注意点も紹介

パートナーが探偵に浮気調査を依頼していた場合、あなたの毎日の行動が全て把握されてしまいます。

探偵にかかればいつ誰とどこで会っていたのか、何をしていたのか、状況によっては会話の内容まで知られてしまうかも知れません。

そうなるとプライバシーの侵害だと感じるのも無理はありませんが、探偵の浮気調査はプライバシーの侵害や違法行為にあたるのでしょうか。

この記事では探偵の浮気調査はプライバシーを侵害しているのか、また自分でパートナーの浮気を調べる場合は違法行為にあたるのか、注意点を交えて分かりやすく紹介します。

株式会社ワンプロテクト 代表取締役

記事の監修担当者:
髙村 一成 氏

人探し・浮気調査・企業調査などを専門として行うプロ集団「FUJIリサーチ」の代表。アドバイザー・企画課・機動課の3つのチームを構成し、これまで累計3000件以上もの調査を成功させてきた。

探偵による浮気調査は合法=プライバシーの侵害にならない

探偵による浮気調査は合法=プライバシーの侵害にならない

結論からいうと探偵による浮気調査や素行調査は基本的に合法であるため、プライバシーの侵害にはあたりません。

探偵業の規制を定めた探偵業法でも「「探偵業務」とは、他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう。」とあります。

分かりやすくいうと探偵は依頼を受けて尾行、張り込み、聞き込みにより特定の人を監視、調査し、知り得た事実を依頼人に報告することが仕事であるため、探偵による浮気調査は合法でありプライバシーの侵害にはあたりません。

【注意】自分での浮気調査は違法行為になるリスクがある

【注意】自分での浮気調査は違法行為になるリスクがある

自分で浮気調査をすることには「違法行為になるリスク」があります。

これは探偵が行う尾行や張り込みなどは探偵にのみ許された業務だからです。

また自分で行う浮気調査でありがちな行動の中には違法行為になる恐れがあることも少なくありません。

ここでは探偵に依頼せず自分で浮気調査を行う場合に違法行為になるリスクについてくわしく解説します。

スマホなどの情報を無断でチェックする

他人のスマホなどの情報を無断でチェックする行為はプライバシーの侵害にあたる可能性が高いです。これは夫婦の間でもいえることです。

パートナーが浮気をしていればスマホで相手と連絡を取り合っていると考えられるため、中身を見れば簡単に浮気の証拠を手に入れられるかも知れませんが勝手にスマホを見るのは止めたほうが良いでしょう。

個人の持ち物にGPSを設置すること

個人の持ち物にGPSを設置することはプライバシーの侵害だけでなくストーカー規制法違反とみなされる違法行為です。

ストーカー規制法では「つきまとい等又は位置情報無承諾取得等」をストーカー行為と定め、罰則を設けています。

個人の持ち物にGPSを設置して相手の位置情報を無断で取得する行為はストーカー規制法違反とみなされた場合1年以下の懲役又は百万円以下の罰金を科される恐れがあるため、注意が必要です。

なお探偵がGPSや盗聴器を設置することは依頼があったとしても違法行為になります。

尾行などストーカーとみなされる恐れがある行為

一般の人が浮気調査で尾行するのは違法行為にあたる恐れがあります。

パートナーの行動を怪しく感じたら後をつけてみたくなりますし、実際に尾行したことがある人も少なくないでしょう。

しかしながら尾行は探偵が行う分には問題ありませんが、一般の人が行う場合はプライバシーの侵害やストーカー規制法違反とみなされる恐れがあります。

また尾行は相手に気づかれないためのスキルを必要とするため、一般人による尾行はバレやすい点は理解しておく必要があるでしょう。

他人の敷地への不法侵入

自分で浮気調査をする場合、故意でなくても他人の敷地内に不法侵入する可能性があります。

探偵と違って一般の人は普段人を尾行したり監視したりすることはありませんから、いざやってみると周りが見えなくなりがちです。

気づいたら他人の敷地に侵入してしまっていて警察に通報されるケースも少なくありません。

プライバシーの侵害にならない方法

プライバシーの侵害にならない方法

探偵に依頼せず自分で浮気調査をしたい場合にはプライバシーの侵害にならない方法で行う必要があります。

浮気調査をする中でプライバシーの侵害などの違法行為をすれば、浮気の責任をとらせるどころかパートナーに反撃の余地を与えることになるでしょう。

そうならないためにも、ここではプライバシーの侵害にならない方法についてくわしく解説しますのでぜひ参考にしてください。

共有スペースの浮気調査

自宅のリビングや寝室といった共有スペースは浮気調査をしてもプライバシーの侵害にあたらない可能性が高い場所です。

あなたがいない間に自宅で浮気相手と会っている場合には、リビングや寝室にボイスレコーダーや隠しカメラを設置しておけば不貞行為に及んだ証拠をつかめるかもしれません。

共有財産へのGPSやボイスレコーダーなどの設置

GPSを使って無断でパートナーの位置情報を確認する行為はプライバシーの侵害以外にストーカー規制法にも触れる恐れがあります。

ただし共有財産については違法行為とみなされる可能性は低いです。

そのため家族で使う車を浮気相手とのデートに使っているケースではGPS発信機やボイスレコーダー、隠しカメラなどを設置して浮気調査してもプライバシーの侵害とみなされる心配は少ないといえます。

自分で調査する場合の問題点・注意点

自分で調査する場合の問題点・注意点

ここまでに自分で浮気調査する場合に気をつけたい「プライバシーの侵害にあたる行為」について紹介しましたが、浮気調査する前に知っておきたい問題点や注意点もいくつかあります。

これらの問題点や注意点を知らずに浮気調査を始めてしまうと後々トラブルになる恐れがありますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

相手にバレた場合関係が悪化する恐れがある

浮気調査していたことが相手にバレると、大なり小なり夫婦の関係が悪化する恐れがあります。

パートナーの感情としては、信頼されていなかったことへの悲しみや疑われたことへの怒り、浮気していたのなら後ろめたさを感じることもあるでしょう。

それらの感情が複雑に入り混じり、あなたをなじるかも知れません。

パートナーが浮気をしていた場合パートナーから離婚を言い出すことはできないはずですが、信頼関係が失われたとして離婚を切り出す可能性もあります。

パートナーの浮気調査をする場合には相手にバレると関係が悪化する恐れがあるため、相手にバレないよう細心の注意を払いましょう。

慰謝料や離婚の請求には不貞行為の証拠が必要

パートナーの浮気調査をして浮気相手と会っていることが分かった場合、その後どうするかによってすべき事が決まります。

もしパートナーが浮気をしていたら即離婚したい。ただ今後の生活を考えると慰謝料はもらっておきたい、という場合にはパートナーと浮気相手の間に肉体関係があることを示す「不貞行為の証拠」を手に入れなければいけません。

配偶者の立場からすればデートをしているだけでも浮気と感じますが、法的に有効な不貞行為の証拠はラブホテルに出入りする二人の写真などをいいます。

ラブホテルに出入りする二人の写真を撮影する場合には、その建物が何であるのか、出入りしているのは誰なのか、いつラブホテルに入りいつ出てきたのかが見て取れることが大切なポイントです。

GPSの位置情報だけでは不貞行為の証拠にならない

GPSの位置情報だけでは不貞行為の証拠にはなりません。

最近のGPSはかなり詳細に位置情報が把握できますから今パートナーがどこにいるのかだいたい正確に分かります。

ただ位置情報が分かったからといってパートナーが浮気をしているかどうかは定かではありません。例えその場所がラブホテルを示していたとしても、一人なのか、誰か一緒にいるのかまでは把握できないからです。

GPSの位置情報だけでは不貞行為を証明することは難しいですが、他の証拠と組み合わせることで証拠能力を高めることができます。

自分で行う浮気調査はムダではない

自分で浮気調査を行ったとしても決定的な証拠をつかめないならムダに思えるかもしれませんが、実際にはそうではありません。

GPSの位置情報からいつも同じホテルを使っていると分かる可能性もありますし、パートナーの行動パターンを把握することもできます。

自分で行った浮気調査で得られた情報を元にして決定的な証拠の獲得を探偵事務所に依頼すれば、費用をかなり抑えることができるでしょう。

浮気調査は探偵に依頼するのが安心

浮気調査は探偵に依頼するのが安心

浮気調査は探偵に依頼するのが安心です。

まず探偵は合法的に浮気調査を行いますからプライバシーの侵害などの違法行為や犯罪行為を心配する必要がありません。

また浮気調査の実績が豊富な探偵事務所であれば、調査していることがパートナーにバレる可能性も低いです。

不貞行為の証拠についても、プロの撮影機材と経験豊富な調査員が揃った探偵に依頼すればより確実に離婚調停や裁判で使える証拠をつかめるでしょう。

記事まとめ

浮気調査の情報を掴むまで徹底的にやります!

今回は探偵による浮気調査はプライバシーの侵害にあたるのか、自分で浮気調査を行う場合に気をつけたい違法行為のリスクなどについて解説しました。

自分で浮気調査をする場合違法行為のリスクがありますが、探偵は合法的に浮気調査を行えるため、知らない間に自分の行動を詳細に調べられていてもプライバシーの侵害や違法行為を訴えることはできません。

逆に考えると違法行為を心配せずにパートナーの浮気の事実を確かめたい人にとって探偵は力強い味方といえるでしょう。

パートナーに知られずに浮気調査したい、離婚や慰謝料を請求するかどうかは決めていないが証拠だけはつかんでおきたい、という場合には探偵に依頼することをおすすめします。

浮気調査を成功させたい、失敗のリスクの少ない探偵事務所に依頼したいという方は調査スキルに定評のある探偵社FUJIリサーチにご連絡ください。

浮気調査におすすめの探偵社7選!費用や事務所の選び方についても解説
浮気調査におすすめの探偵社7選!費用や事務所の選び方についても解説「パートナーが浮気をしているかも…」 そんな不安を抱えている方は、浮気調査専門の探偵事務所に調査を依頼するのがおすすめです。 …

まずはお気軽に
無料相談をご利用下さい。

探偵社FUJIリサーチでは、人探し、行方調査、浮気・不倫調査、結婚詐欺調査などを承っております。

テレビ番組等への調査協力など、メディアからも信頼をいただいている独自の調査ノウハウで、皆さまのお悩み解決をサポート致します。

  • 家族が家出した。急いで居場所を探したい
  • 40年前の恩師を探してお礼を言いたい
  • 恋人が浮気をしているかも。証拠を集めたい
  • 配偶者が不倫している。離婚裁判で有利になる資料を集めたい
  • 婚約者に金銭を要求される。結婚詐欺かも?

こんなお悩みを抱えている方は、お気軽に匿名無料相談をご利用下さい。最適な調査プランのご提案、料金のお見積りを無料でご対応致します。

24時間365日、いつでも無料でご利用いただけます。

関連記事